高松で飛行機の豪快な着陸を捉える!


「ぬ」から撮る飛行機 

高松空港の滑走路南側一帯に広がるさぬきこどもの国。夕暮れ前のRWY26にタッチダウンする飛行機を捉える。さぬきこどもの国のシンボル、バカでかい「さぬき」の文字の「ぬ」の上から狙った。斜光に照らされた飛行機は美しい。

高松で飛行機の豪快な着陸を捉える!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

ANA B767のコクピット上部にキラリと入るハイライト。飛行機のフロントフェイス右側は影ができる。人物写真で言うところのレンブラントみたいな、こういう濃淡ありで立体感が出る飛行機写真が面白い。

高松で飛行機の豪快な着陸を捉える!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

 県外ナンバーの飛行機追い人 

EF 100-400mm的には望遠側の余裕はまだ少し残っている状態。さすがに近い、高松空港とさぬきこどもの国の距離感。こんなところにこれだけの広大な公園を作ろうという発想が素晴らしい。マニアっぽい人もポツポツいる。ほとんど県外ナンバーだ。

高松で飛行機の豪快な着陸を捉える!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

わざわざ高松まで飛行機撮影遠征したくなる。欠航が多くても。B737だけではなく、こうやってポツポツB767も飛来する高松。地方空港だとB767が来ても、JALかANAどっちかだけのパターンも多いけど、どっちもある高松。良いね。

高松で飛行機の豪快な着陸を捉える!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

 高松空港の贅沢な悩み 

豪快なANA B767のタッチダウン。斜め前のメチャクチャ良い場所から捉えた。やっぱ「ぬ」のあたりから撮るのが一番良いかな。何処からでも飛行機を撮れる贅沢な空間は、逆に何処から撮るか結構悩まされる。

高松で飛行機の豪快な着陸を捉える!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後の写真。次は5月に来れたら良いな、と思いつつ。今の状況だと苦しいか。飛行機飛んでいるかもわからない、1ヶ月後の日本。地方へ行く出張の仕事は全部キャンセル。仕事の次の日に飛行機を撮りに行く楽しみが全部キャンセルになってる。。

高松で飛行機の豪快な着陸を捉える!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・さぬきこどもの国
他の高松空港飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください