【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下


 

 高松の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その2 RWY26の誘導灯下

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO800

高松空港外周でたまたま発見した超素晴らしい飛行機写真撮影ポイント。そこはRWY26の誘導灯とその下を流れる川をフレーミングし、その真上を飛ぶ飛行機写真を撮れる、僕的には高松で一番気に入った場所。何回かこの場所に行きましたが、飛行機マニアっぽい人を見かけたのは一度だけ。でもその人は望遠レンズだったので、僕みたいに標準レンズで引きの写真は狙ってなかったと思います。超穴場かも。。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

 高松 RWY26の誘導灯下へのアクセス 

高松のRWY26エンドの伊丹並みの迫力写真は結構メジャーだと思いますが、あれ以外に誘導灯を絡めた飛行機写真を撮れるポイントを探していて発見した場所です。僕は国道193号線を北の方から南下してアクセスしましたが、南の方からでもどちらからアクセスしてもOKです。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

誘導灯をくぐってすぐのところに営業していないガソリンスタンドがあったので、僕はその前に車を停めました。撮影場所は、手前に写っている白いガードレールのあたりです。逆側からアクセスする場合は中央分離帯がありますが、中央分離帯が途切れているところで右折出来ます。この写真に写っているヤツではなくもっと奥です。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

車を停めてちょっと歩いたら見えてきたこの光景。思わず「おーっ!」と叫びそうになった。素晴らしいでしょ。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

 高松 RWY26の誘導灯下で撮った飛行機写真 

RWY26に着陸する飛行機は、山の向こうの全く見えないところから現れます。車通りが多いせいか、山のせいか定かではありませんが、飛行機の音は全然聞こえません。ウィンドチェックの交信後、飛行機が見えてくるまで集中あるのみになります。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO400

少し寄って誘導灯だけでも良い絵です。上の写真とは違う便です。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

縦カットで狙ったパターン。横カットで川を思いっきり多めにフレーミングしようとすると、ここでは24mmで撮ることになりますが、24mmでこの大きさの飛行機を撮ると少しピン甘になってしまいます。そこで縦カットにして50mmで撮りました。誘導灯の先の方だけ陽の当たりが弱い。。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後の写真。ANA エアバスA320。こちらは陽あたりバッチリ。川や周辺の木々までしっかり陽が当たるのは11時〜15時くらい。なかなかこの時間帯に背景の空が青くならなくて何度も通いました。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください