【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺


 但馬の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その1 ターミナル周辺

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

CANON EOS R5・RF24-105mm F4L IS USM・F11・1/1000秒・ISO1000

但馬空港は山中にあり、空港じたいが周囲より高い場所にあるので飛行機写真撮影ポイントが非常に少ないところでした。今回は滑走路東側のターミナル周辺をご紹介します。

 但馬空港 ターミナル周辺はこんなところ 

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

ターミナル側だと展望デッキ、ターミナルビル横の広場、ターミナルビル裏のゲートのところあたりで飛行機写真が撮れます。

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

展望デッキは空港規模の割にかなり広い印象です。この写真には誰も写ってませんが、飛行機が来ると結構人が集まって来ました。

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

フェンスは大人の胸くらいの高さなので、飛行機写真を撮るには何の支障もありません。

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

RWY19側の眺めです。

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

RWY01側の眺めです。空港全体をぐるっと見渡すことが出来ます。素晴らしいですね。

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

こちらは、ターミナルビル横の広場です。奥まで行けばRWY19にアプローチする飛行機を狙えます。

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

広場奥の眺めです。

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

ターミナルビル南側から裏へ回ったところのゲート付近です。目の前にATR42が止まってます。

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

 但馬空港 ターミナル周辺で撮った飛行機写真 

RWY19にランディングするATR42を展望デッキで捉えました。

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

CANON EOS R5・RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM・F11・1/250秒・ISO4000

展望デッキから捉えたタッチダウンは意外にも後追いです。

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

CANON EOS R5・RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM・F11・1/250秒・ISO6400

ランディングした飛行機が逆サイドエンドまで行き、時間をかけて戻ってきてエプロンに入ってくる。飛行機までの距離が近いし、この間取り放題ですね。

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

CANON EOS R5・RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM・F11・1/250秒・ISO5000

ターミナルビル裏で撮ったATR42。一番右奥の隙間から撮りました。

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

CANON EOS R5・RF24-105mm F4L IS USM・F11・1/250秒・ISO2500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

【但馬の飛行機撮影ポイント】ターミナル周辺

CANON EOS R5・RF24-105mm F4L IS USM・F11・1/1000秒・ISO1000

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください