【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台


 静岡の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その2 東端南展望台

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

 静岡空港 東端南展望台はこんなところ 

静岡空港のRWY30エンド南側の東端南展望台は、RWY30へランディングする飛行機と富士山を絡めた写真を狙える静岡空港を代表する飛行機写真撮影ポイントです。但し、アクセスは難易度高しです。終日順光、脚立不要です。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

空港ターミナルからのアクセスは、駐車場を出て反時計回りに進みます。空港入口の十字路を左折してから最初の信号を左折すると「滑走路東側南展望台」の昇り口です。案内板は一切ありません

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

左折したらチョット複雑です。すぐの分岐を右に進んでください。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

さらに右の分岐へ進みます。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

今度は左です。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

あとは道なりに進んでください。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

車のすれ違い不可の細い坂道を上がっていきます。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

ほどなく駐車スペースが現れます。ココから先は徒歩になります。山道を10分ほど登りますが、これがキツイです。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

現地はトイレありません。坂口神社のトイレをお借りしました。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

写真だと伝わりづらいかもしれませんが、結構な急斜面です。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

イノシシとか出ても全然おかしくないです。護身用と杖替わりに一脚を持っていきました。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

やがて空港施設のフェンスに行き当たります。フェンスの右手に長~い階段があり、階段を昇りきると「滑走路東側南展望台」があります。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

長~い階段。130段以上あります。急坂を登ってからこの長~い階段は結構キツイです。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

「滑走路東側南展望台」着きました!RWY12方面の眺めです。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

こちらはRWY30方面の眺め。富士山が見えてますね。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

この時ご一緒した地元の人は天気が良すぎて、富士山の眺めが今一と仰ってました。。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

 静岡空港 東端南展望台で撮った飛行機写真 

FDA10号機が降りてきました。静岡空港の東端南展望台は3度目のチャレンジで漸く富士山が見える状態で飛行機を撮れました。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

RWY30へラインアップするFDA10号機。これも憧れの構図ですね。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

山肌のお茶のマークと上昇する飛行機。だいぶ距離あります。

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

タッチダウンする飛行機のタイヤスモークショットを後追いで。空港フェンス際なので迫力ある飛行機写真が狙えます!

【静岡の飛行機撮影ポイント】東端南展望台

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

最後の写真はRWY12からエアボーンしたFDA1号機。エアボーン直後の飛行機を前方から絶妙のアングルで狙えます!

【静岡の飛行機撮影ポイント】石雲院展望デッキ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
他の静岡の飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください