【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ


 松山の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その6 展望デッキ

松山空港の展望デッキ~順光で撮る飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 松山の展望デッキはこんな場所 

松山空港の展望デッキ(送迎デッキ)はターミナルビル3F、スカイラウンジの横を抜けたところにありました。まあまあ広い。飛行機が駐機している場所の真ん前だけが人だかりになってる。。飛行機写真的には終日逆光。

【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

フェンスは太くて硬いタイプですが、一般の大人の目線もしくは胸のあたりの高さがガーンと空いている、飛行機写真好きにはこの上無い素晴らしい環境。鳥取空港も同じような感じだったけどこれは素晴らしい。全国全ての空港で採用して欲しいフェンスです。

【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

 松山の展望デッキで撮った飛行機写真 

エプロンに入ってきたジェットスターのエアバスA320。展望デッキじたいの高さがさほど無いので、良いアングルで飛行機写真が撮れる。フェンスに邪魔されるストレスが無いので気分良くシャッターを切れる。

【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/800秒・ISO2000

駐機中のANA B787。あれだけ飛行機の前に人がたかってると、フェンスの穴の前ポジションが確保出来ず写真を撮れないのが展望デッキの常ですが、松山の場合は何の問題も無く撮れる!

松山空港の展望デッキ~順光で撮る飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

RWY14からテイクオフしたERJ-170が目の前でエアボーン。たいがい後追いショットになる展望デッキから撮る出発機。エアボーンが早い小型機とは言え、エアボーンシーンの写真を真横から撮れるのはGood。

【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO1250

最後の写真。こちらの飛行機は、駐車場から撮ったジェットスターのエアバスA320。駐車場からこんな風に飛行機が見える!滑走路も目の前!ココで離着陸する飛行機を狙うのも面白いかも。そんなことをこのブログを書きながら思いました。

【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO1250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

他の松山空港飛行機写真撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください