【萩・石見の飛行機撮影ポイント】風の広場


 萩・石見の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その1 風の広場

【萩・岩見の飛行機撮影ポイント】風の広場

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO1250

 萩・石見空港 風の広場はこんなところ 

【萩・岩見の飛行機撮影ポイント】風の広場

萩・石見空港の風の広場はターミナルビル右手の小高い丘一帯に広がる大きな広場で、RWY11エンドを除き空港全体を見渡せる場所です。

【萩・岩見の飛行機撮影ポイント】風の広場

車で上まで上がれます。上がったところに駐車場があります。

【萩・岩見の飛行機撮影ポイント】風の広場

RWY11方面の眺め。右手の丘が邪魔になり、見通しは今ひとつです。滑走路の北側に位置するため、終日逆光になります。

【萩・岩見の飛行機撮影ポイント】風の広場

RWY29側の眺め。見通し良好ですが、RWY29への飛行機の着陸はあまり無いらしいです。

【萩・岩見の飛行機撮影ポイント】風の広場

 萩・石見空港 風の広場で撮った飛行機写真 

RWY11へタッチダウンする飛行機が丘の向こうから顔を出しすぐに消えた。油断していると一日一便しか来ない飛行機を撮り逃すことになります。

【萩・岩見の飛行機撮影ポイント】風の広場

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO1250

ANA B737の物静かなタッチダウン。遠いです。

【萩・岩見の飛行機撮影ポイント】風の広場

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO1250

折り返しの羽田行き飛行機はRWY29からテイクオフして行きました。エアボーンのシーンは後追いになります。飛行機はこの後丘の向こうに消えてしまいました。何とも手強い空港です。何かのついでがないと、中々わざわざ行くのは大変です。

【萩・岩見の飛行機撮影ポイント】風の広場

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO1000

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください