菜の花と飛行機@高松~その3


 高松より〜JAL&ANAの飛行機 

高松空港RWY26からテイクオフする飛行機はB767、11時45分発のJAL JL478便、羽田まで1時間15分のフライト。想定よりもちょっと早めのエアボーンながら、飛行機手前の菜の花と背景の形の良い山がバランス良くフレームに入った。純白の飛行機は美しい。

菜の花と飛行機@高松~その3

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

1枚目の写真で菜の花の影にいたANA B737が上がってきた。11時50分発、那覇行きのNH1621便。羽田から高松経由で那覇へ行く飛行機らしい。那覇までの所要時間は2時間10分。羽田の2倍。だからB767よりゆっくり上がったのかな。菜の花と美しく絡んだ飛行機。

菜の花と飛行機@高松~その3

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

 ジェットスターと菜の花は。。

1時間後、ジェットスターのエアバスA320が離陸滑走路を始めた。12時50分発、成田行きのGK412便。成田までは1時間20分のフライト。羽田とそんなに変わらない。JALやANAよりもジェットスターが一番エアボーンが遅かった。空中姿勢で菜の花と絡められなかった。

菜の花と飛行機@高松~その3

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

終日順光とはいえ、さぬきこどもの国で撮る飛行機写真は、夕方になると機体側面には陽が当たらなくなってくる。コクピット周辺にしっかり陽が当たるから、飛行機写真としては立派に成立する。

菜の花と飛行機@高松~その3

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F4.0・1/1000秒・ISO160

 超低空の飛行機と 

JALのB767が超低空でエアボーン。菜の花がV字に割れているところへ丁度良い具合に飛び込んできた。狙いどおりの飛行機写真。高松空港に飛来する飛行機では一番大きな機材であるB767。コイツが決まったのでそこそこ満足。

菜の花と飛行機@高松~その3

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F5.0・1/1000秒・ISO320

最後の写真。JALのB767よりも低空でエアボーンしてきたANA  B737は高松空港の管制塔を入れたショット。管制塔の周りに菜の花が写り込んで、オシャレな飛行機写真になった。この日はココで撤収。周りには僕以外あと2人、望遠レンズ付きのカメラを持った人がいた。

菜の花と飛行機@高松~その3

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F5.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・さぬきこどもの国
他の高松空港飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください