朝焼けとタイジャンボ and モノレール


 国際ターミナル駐車場にて 

冬の早朝7時前。羽田空港RWY34Lへ大型の飛行機が現わる。タイ国際航空のジャンボ(B747)、いわゆるタイジャンボだ。この日は6時台晴れ、7時以降曇り、みたいな微妙な天気予報。それでも決行して正解だった羽田行き。海ほたるもしっかり見えてる。朝焼けと飛行機写真最高!

朝焼けとタイジャンボ@羽田国際ターミナル

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO100

ここは羽田の国際ターミナル駐車場7F。日曜日の朝は結構カメラマンいます。タイジャンボのファイナルアプローチを迎える時、手前からモノレールがフレームインしてきた。なんとラッキーな!最高の飛行機写真が成立しますよ!こういう瞬間に向き合っても、落ち着いてシャッター切れるようになった。。

朝焼けとタイジャンボ@羽田国際ターミナル

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO100

 5-6時台の羽田 

2ヶ月前にカンタスジャンボと朝焼けの写真を同じく羽田の国際ターミナル駐車場で撮った。カンタスジャンボの場合は5時台。羽田空港に到着する飛行機は北風の時だとRWY34Rに降りる。国際ターミナル駐車場からは遠い方。今回のタイジャンボは国際ターミナル駐車場からだと手前側になるRWY34L。最高のシチュエーションで撮る飛行機写真。

朝焼けとタイジャンボ@羽田国際ターミナル

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO100

5-6時台の羽田空港へ着陸する飛行機は極端に少ない。出発はメチャクチャ多いのに。だからRWY05から離陸する飛行機の朝焼け絡み狙いは大人気。この時、国際ターミナル駐車場7Fには5人くらいカメラマンがいたと思いますが、ほとんどの人はタイジャンボが来る前に引き上げてました。勿体無い。。

朝焼けとタイジャンボ@羽田国際ターミナル

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO100

 飛行機に入ったハイライト 

そして、この飛行機写真に最高の瞬間が訪れました。飛行機に入ったハイライト。モノレールの屋根にも強烈な光。輝く海。羽田空港の進入灯。遠く霞む対岸の房総の風景。色々なものが詰まった朝焼けの最高の飛行機写真。

朝焼けとタイジャンボ@羽田国際ターミナル

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO100

最後の写真。オレンジ色に光る羽田空港設備建物群と黒潰れした飛行機。タイジャンボがスーっと建物の向こうに消えていく直前の写真。日中撮ると普通の飛行機写真は、空が焼けているだけでこれだけドラマティックになる。素晴らしいね。。

朝焼けとタイジャンボ@羽田国際ターミナル

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO100

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・国際ターミナル駐車場
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください