静かにかつ豪快に離陸!ルフトハンザのジャンボ


 霞み気味の背景を切り裂く!ルフトハンザのジャンボ 

関空のRWY06Rからテイクオフする、ルフトハンザドイツ航空のジャンボ(ボーイング747-430)。フランクフルト行き、LH741便。午前10時05分、予定通りのフライト。展望ホール/スカイデッキから撮影のA滑走路をエアボーンする飛行機は、まだ逆光の時間帯。霞み気味の背景の大阪湾を切り裂くように、静かにかつ豪快に離陸していきました。

ルフトハンザのジャンボ@関空

EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F11・1/1000秒・ISO500

 急角度で上昇!ルフトハンザのジャンボ@関空 

大型機らしいゆったりしたエアボーンから一転、急角度で上昇し始めたルフトハンザのジャンボ(ボーイング747)。この急角度は、大韓航空のジャンボ並み。関空では、羽田でいつも見ているルフトハンザのジャンボ(ボーイング747)とは、ちょっと違う雰囲気でがーっ!と行きましたね。

ルフトハンザのジャンボ@関空

EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F11・1/1000秒・ISO500

海上保安庁の建屋付近を通過する、ルフトハンザのジャンボ(ボーイング747)。早くも右方向へ旋回を始めています。この日は朝から超快晴でしたが、関空対岸の泉佐野市周辺は霞んでほぼ視界ゼロに近い状態でした。

ルフトハンザのジャンボ@関空

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-70mm F4L IS USM・F11・1/1000秒・ISO320

 朝靄の中に浮かぶゲートタワーとルフトハンザのジャンボ 

関空連絡橋上空に差し掛かった、ルフトハンザのジャンボ(ボーイング747)。5km先の対岸には、朝靄の中に浮かぶゲートタワー。朝霧に浮かぶロンドンのビッグ・ベンを彷彿とさせる幻想的な雰囲気があります。もやもやの背景を絡めて撮る飛行機も悪くないですね。

ルフトハンザのジャンボ@関空

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-70mm F4L IS USM・F11・1/1000秒・ISO320

関空連絡橋の真上まで来た、ルフトハンザのジャンボ(ボーイング747)。1つ前の写真よりも、ゲートタワーが対角線構図の右奥に配された分、奥行き感が出たのとともに、幻想的な雰囲気も増しました。

ルフトハンザのジャンボ@関空

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-70mm F4L IS USM・F11・1/1000秒・ISO320

最後の写真。ルフトハンザのジャンボ(ボーイング747)、左斜め後方からショット。フロントアッパーデッキから後方への流れるようなラインが美しい。ジャンボ最高!

ルフトハンザのジャンボ@関空

EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F11・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください