羽田空港の管制塔とジャンボ~城南島より~


 ルフトハンザのジャンボ 

羽田空港のRWY34Rからテイクオフする直前のジャンボ。遠く離れた城南島までは、その爆音は届かない。超望遠の大砲レンズで引き付けたルフトハンザのジャンボは、いつものようにゆったりとその勇姿を現してくれました。

城南島で捉えたルフトハンザのジャンボ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F11・1/1000秒・ISO500

低空で飛び出してくるルフトハンザのジャンボ。羽田でジャンボの離陸を狙うのであれば、北風運用時に城南島で撮るのがベスト。出来れば1200mmクラスの超望遠レンズ(僕の場合は600mmに2倍のエクステンダーを装着)でトライしてみたいところ。メラメラはメッチャ入りますが、迫力のショットをGet出来ます。

城南島で捉えたルフトハンザのジャンボ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F11・1/1000秒・ISO500

 逆光お構い無しでジャンボ 

さらに引き付けて、機体が完全に浮き上がった瞬間を捉えたルフトハンザのジャンボ。逆光なのはお構い無しで。順光で撮りたい場合は第二ターミナル展望デッキから狙うことになりますが、羽田の場合ジャンボのエアボーンは後ろから撮ることになります。やっぱ前からが良いでしょ!高い駐車場代も払わずに済みます。

城南島で捉えたルフトハンザのジャンボ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F11・1/1000秒・ISO500

 管制塔とルフトハンザのジャンボ 

ココからは1200mmから100-400mmに持ち変えて撮ったショット。ギリギリ管制塔に絡みました。城南島で飛行機を撮る人や砂浜を散策する人もフレームインしました。勿論?逆光です。逆光ですがジャンボと羽田の管制塔の絡みショット、中々良いでしょ。欲を言えばもう少し低いと最高です。。

城南島で捉えたルフトハンザのジャンボ!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

左隅に日の丸の垂直尾翼が2つ見えています。そう、この日は本当は政府専用機のジャンボ狙いで城南島に行ったのですが、結局陽があるうちに飛んでくれず断念したのでした。今一不成立ですが、ルフトハンザのジャンボと政府専用機のジャンボのマッチアップ。

城南島で捉えたルフトハンザのジャンボ!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。雲が多めで空色も今一つだったこの日。無理して城南島へ出掛けた理由は政府専用機のジャンボ。政府専用機のエアボーンをGetする目的は果たせなかったものの、ルフトハンザのジャンボであれば羽田の管制塔をフレームインで撮れることがわかったのは収穫。今度は晴天でメラメラが少ない日に。。

城南島で捉えたルフトハンザのジャンボ!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・城南島海浜公園
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください