大韓航空のジャンボ大迫力のランディング!


 十余三東雲の丘にて~成田 

久しぶりの十余三東雲の丘。大韓航空のジャンボのランディングショット狙いで行ってきました。距離は遠めですが、成田や羽田など首都圏の空港では一番飛行機のランディングシーンを楽に撮影出来るポイント、十余三東雲の丘です。

大韓航空のジャンボ~迫力のランディング

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

接地の瞬間を捉えた大韓航空のジャンボ。さくらの山だと遠すぎるし、羽田の展望デッキだとフェンスや照明灯が邪魔で撮りづらい。成田にはゴルフ場入口という究極のポイントもありますが、2m級の脚立が必要等ハードルもあります。カップルや子供に混じりながら十余三東雲の丘で撮るのも、たまには悪く無いです。

大韓航空のジャンボ~迫力のランディング

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

 ジャンボのタイヤスモーク 

タイヤスモークが半端無く吹き上がりました!今回の大韓航空のジャンボのランディングシーン。過去最高かもしれません。これでEF100-400mmに1.4xのエクステンダーを装着して560mm相当での撮影です。

大韓航空のジャンボ~迫力のランディング

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

成田のRWY34Rへランディング、エンジン逆噴射中の大韓航空のジャンボ。やっぱ最高ですね。コリアンブルーにコクピット付近に入ったハイライトが良い味、というか荘厳な雰囲気を醸し出してくれました。

大韓航空のジャンボ~迫力のランディング

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 十余三東雲の丘の魅力 

十余三東雲の丘展望広場すぐ目の前でターンレフトする大韓航空のジャンボ。エクステンダーを外す時間無いし、何でカメラ2台持った行かなかったのだろう。。でもギリギリフレームに納めることは出来ました。その分迫力のショットは撮れましたね。

大韓航空のジャンボ~迫力のランディング

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

最後の写真。さらに十余三東雲の丘展望広場近くに迫った大韓航空のジャンボ。子供たちの「大きい」という声がメッチャ聞こえてきます。電線が邪魔だったりネガティブポイントもありますが、十余三東雲の丘の魅力を再認識した日でした。

大韓航空のジャンボ~迫力のランディング

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・十余三東雲の丘
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください