いよいよテイクオフ!大韓航空のB787!


 惚れてしまいました!大韓航空のB787@関空 

ついに、3日目となってしまった、関空で撮った大韓航空のB787-9 DREALINER。あまりにも惚れ込んでしまって、3日間に分けて沢山の連続ショットをご覧頂きたくなりました!!
本日も衝突防止灯の赤い光がガンガン入ったショットで行きますよ-!!

大韓航空のB787-9 DREAMLINER@関空

EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F8・1/500秒・ISO2000

関空のRWY24Lへラインアップした大韓航空のB787-9をアップショットで。
何となく。。ですが適当に衝突防止灯が点灯しそうなタイミングに合わせシャッターを何枚かずつ切ってGetしたショット。本当に何となくですが、最初は難しいですがやっているうちに意外と写し止められるようになってくる。感覚的に覚えてしまえば誰でも撮れるかも。。ですよね!

大韓航空のB787-9 DREAMLINER@関空

EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F8・1/500秒・ISO3200

 スーッと始まった離陸滑走~大韓航空のB787 

独特の静寂なエンジン音で、スーッと滑るように離陸滑走が始まった大韓航空のB787-9。文章だと表現が難しいですが、B777がゴオーッ!という感じだとすると、B787はシュオーッ!という感じですかね。。B787とA350は、他の機材と比べて圧倒的に静か。機体デザインのイメージと重なるスマートさを感じさせられます。この明るさでも、衝突防止灯の赤い光が滑走路に微かに写り込んでる。。良いね!

大韓航空のB787-9 DREAMLINER@関空

EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F8・1/500秒・ISO3200

 エアボーン直前@大韓航空のB787~関空 

さぁ!いよいよテイクオフ!大韓航空のB787-9!エアボーン直前のショット。RWY24Lエンド付近の展望ホールから撮影することとなる関空では、RWY24Lからの離陸の場合、B787のような中型機のエアボーンは500mm以上のレンズが必要。EF 100-400mmにx1.4のエクステンダーを着けて撮影しました。

大韓航空のB787-9 DREAMLINER@関空

EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F8・1/500秒・ISO2500

最後の写真。ザ・エアボーン。完全に機体が浮き上がりました。機内にいると身体がフワァーっとなる瞬間です。エアボーンする時の飛行機の時速は200kmから240kmとか。離陸滑走を始めてから、ほんの1,2kmで200km越えの速度に達している。凄いよね。。

大韓航空のB787-9 DREAMLINER@関空

EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F8・1/500秒・ISO2500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください