JALのエアバスA350初号機を捉えた!


 羽田へのフェリー 

2019年6月14日。記念すべき我らがJALのエアバスA350-941、エアバス最新鋭機日本初導入の初号機が、トゥールーズから羽田へフェリーされた日。金曜日でしたが、会社を休んで撮りに行った、ココは羽田空港第二ターミナル展望デッキ。キヤノンのEF100-400mmに1.4xのエクステンダーを装着しての撮影。東京スカイツリーを絡めたショットですが、距離遠すぎのイマイチショットです。メラメラが半端ない飛行機。JALのエアバスA350初撮りに免じて、見てやってください。。

JALのエアバスA350初号機を捉えたぞっ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

 羽田の滑走路は。。

午前8時ちょっと前の羽田。前日夜からチェックしていたFlightraderでは、JALのエアバスA350初号機の羽田到着は7時ちょっと過ぎ。5時に起床した時は北風運用だった羽田ですが、6時30分過ぎからランウェイチェンジ。南風運用になりました。羽田より北に位置するよな(たぶん)。。のトゥールーズから来る飛行機はRWY23へ降りると読んでいたところですが、何と!RWY22着陸。羽田の午前のRWY22着陸であれば、第二ターミナル駐車場から撮りたかったところですが、読みが甘かった。。諦めて超長距離ですが、エイヤーッ!で撮るしかなかったJALのエアバスA350です。実際のこの飛行機の到着時刻は7時45分頃でした。

JALのエアバスA350初号機を捉えたぞっ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

飛行機が近ずいて来るにつれ、その格好良さを再認識してテンションが上がってしまう、エアバスA350。陽の当たりがイマイチですが、もうこれはどうしようも無い。本番運用に携わる時にガッツリ関われよう頑張りたいと思います。しかし、やっぱこの飛行機格好良いは。。

JALのエアバスA350初号機を捉えたぞっ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

 羽田/福岡線 

最後の写真。国際ターミナル展望デッキに周って、JALの格納庫前に駐機するエアバスA350を後方から撮りました。第一ターミナルの展望デッキからでも見えると思いますが、手前のJAL B777が被るので、国際ターミナルから狙いに行って正解でした。羽田/福岡線に入ると、南風運用の時であればつばさ公園や城南島、北風運用の時であれば浮島など到着便を比較的撮り易いポイントで狙えるようになります。この飛行機が実戦投入日される9月1日が待ち遠しいですね。福岡からの到着便の羽田着は、16時40分です。冬場はキツイな。陽が長いうちに狙いたいところです。

JALのエアバスA350初号機を捉えたぞっ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル駐車場
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください