防湿庫の話~カメラの大敵「カビ」対策。。


 東洋リビングのワイドモデル 

精密機器である、カメラの大敵「カビ」。僕も知り合いが「やってしまった!」という話を聞いたことがありますが、怖いですよね。高価なカメラやレンズにカビ。。そんなに神経質にならなくても良いような気もしますが、僕の場合はカメラを置いている部屋で妻がガンガン部屋干しをしていますので、カメラは防湿庫にしっかり入れてます!現在使用しているのは、東洋リビングのED-115CAWP(B)というモデル。なかなか良いですよ。

防湿庫の話~カメラの大敵「カビ」対策は。。

 東洋リビングを選んだ理由 

部屋は和室です。ご覧のように防湿庫はテレビ台にもなります(笑)。LED照明が格好良いでしょ。でも、普段使用することはありません(爆)。東洋リビングの防湿庫を選んだ理由は、次の写真の「引き出し」が、防湿庫としての使い勝手が良さそうだと思ったからです。プラスティック製の引き出しなので強度的にどうかな、と思っていましたが、CP+で東洋リビングのブーススタッフの人に強度について質問したところ、全然問題無さそうだったので購入することにしました。耐荷重10kg以上いけますよ!全然OKです!スポンジに思いっきりカメラのあとが。。

防湿庫の話~カメラの大敵「カビ」対策は。。

東洋リビングの防湿庫は、レンズ保管用の波型スポンジが付属しているのも嬉しいですね。

防湿庫の話~カメラの大敵「カビ」対策は。。

望遠レンズを始め色々、ギッシリ詰め込んでいます。引き出しは、重みを感じることは全くありません。スムーズです。

防湿庫の話~カメラの大敵「カビ」対策は。。

カメラボディですが、キヤノンの1D-Xは流石に立てて収納することは不可能。寝かせて収納しています。上の段にもう1台5Dが入っています。

防湿庫の話~カメラの大敵「カビ」対策は。。

キヤノンのEF600mmも無理やり突っ込んでいます。大砲レンズを収納しようとすると、どうしてもワイドモデルが必要になります。この防湿庫を選んだ、最大の理由はソコです。

防湿庫の話~カメラの大敵「カビ」対策は。。

素敵なアナログの湿度計も付いてます。これも東洋リビングの防湿庫購入に至った動機の一つかな。。良いでしょ!

防湿庫の話~カメラの大敵「カビ」対策は。。

鍵付きで盗難対策にも安心かな。。これだけデカいと防湿庫ごと盗難される心配も少ないし。。

防湿庫の話~カメラの大敵「カビ」対策は。。

 防湿庫の満足度は。。

僕が現在使用している東洋リビングのED-115CAWP(B)ですが、外寸は84cm(w)x43cm(h)x37cm(d)。型番のとおり容量は115Lのモデルです。中身はご覧のとおり2段仕様で、棚板の位置は調整可能です。3段仕様のモデルもあるようですが、これ以上機材が増える予定はないので充分かな。フルサイズのボディ2機とレンズが大砲1本を含めて9本。プラスしてエクステンダーやクリップオンストロボ数個などを収容しています。これ以上機材が増えてもちょっと厳しいですが、今の状態であれば問題ありません。
ヨドバシカメラで購入しましたが、このサイズだと店頭渡しではなく、宅配のみの販売だそうです。空き箱の処分が大変でした。。
全く無音です。色が黒なので、埃が目立つのが唯一の難点。毎日乾いた布で一拭きしています。
全体的に見たら満足度は高いかな、と思ってます。ご参考までに。。

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください