みんなのJAL2020ジェット@東京五輪


 羽田の第二ターミナル展望デッキ 

ルフトハンザのエアバスA350狙いの羽田空港第二ターミナル展望デッキ。そこへRWY34Rに入ってきたJALのB777。RWY34Rエンドから、房総の火力発電所を背景に離陸滑走を始めた飛行機。機体の側面には大きく「TOKYO 2020」。みんなのJAL2020ジェットです。

みんなのJAL2020ジェット@東京五輪

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

羽田発、新千歳行きのJL517便。満席なんだろうな。新千歳行きでも結構エアボーン遅めです。第二ターミナル展望デッキ正面でギアアップした、みんなのJAL2020ジェット。東京オリンピック・パラリンピックキャラクターがよーく見えます。

みんなのJAL2020ジェット@東京五輪

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

 JALらしく 

鶴丸の下に「fly for it!」がさり気無くオシャレ。ANAにも「HELLO 2020ジェット」がありますが、ANAらしく超派手な「HELLO 2020ジェット」に対し、みんなのJAL2020ジェットはJALらしく落ち着いた雰囲気です。

みんなのJAL2020ジェット@東京五輪

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

よく見ると五輪カラーで東京の街並みを表現している、みんなのJAL2020ジェット。細かい描写も素晴らしい。シンプルデザインに、東京オリンピック・パラリンピックキャラクターもさほど自己主張し過ぎていないのが良いね。

みんなのJAL2020ジェット@東京五輪

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 スカイツリーと飛行機 

さて、羽田の第二ターミナル展望デッキで撮る飛行機写真。北風の離陸と言えば、スカイツリー絡み。B777と言えどやっぱ国内線は高い。ちょっとスカイツリーと飛行機が離れてしまいました。でっかく手前に写り込んだ照明塔とスカイツリーとの遠近感が結構好き。

みんなのJAL2020ジェット@東京五輪

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後の写真。羽田空港を離陸したみんなのJAL2020ジェット。スカイツリー前を横切ると、飛行機の背景は空のみしか入らない高度。連写した数枚の写真から、雲が少しかかったカットを選んでみました。

みんなのJAL2020ジェット@東京五輪

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください