ハミングバードディパーチャー 2018Ⅱ


 何と!2本行けたハミングバードディパーチャーショット 

1月上旬に撮影した2018年2度目となる羽田空港のハミングバードディパーチャーです。この日の羽田空港第一ターミナル展望デッキからの国際ターミナル方面の眺望は、地上付近に薄い雲がかかっておりましたが、富士山はいつもよりかなりクッキリ見えていました。この日のハミングバードディパーチャー・トップバッターは、JALのJL491便、南国行き、ボーイング737-846です。いつも低空飛行で第一ターミナル展望デッキ前を通過していきますが、この日は?

いい感じで上昇してきたJALのボーイング737。ちょっと高過ぎるくらい。さぁ、どおだぁ!

ハミングバードディパーチャー/JALのB737

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F9・1/800秒・ISO400

見事に富士山に絡んでくれました!(^^)d

ハミングバードディパーチャー/JALのB737

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F9・1/800秒・ISO320

個人的にはこのくらい地上の風景もフレーミングするのが好き。

ハミングバードディパーチャー/JALのB737

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F9・1/800秒・ISO320

富士山の真上をJALのボーイング737が通過し、次への期待が高まるところ。

ハミングバードディパーチャー/JALのB737

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F9・1/800秒・ISO320

 美しいハミングバードディパーチャーの要因は。。 

JALのボーイング737がテイクオフする時の風は30ノットを越えており、早めにエアボーンして富士山の前を高い高度で通過する、美しいハミングバードディパーチャーショットに繋がったと思います。そして、この日の二番バッターはANAのNH583便、松山行き、ボーイング787-8 Dreamliner。強風の好条件に期待が高まりましたが。。

何と!ANAのボーイング787にクリアード・フォー・テイクオフがかかった時の風は2ノット。そして結果は。。

こんな感じ。残念。(^_^;) 悪い写真でもないけど。。

ハミングバードディパーチャー/ANAのB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F9・1/800秒・ISO640

気を取り直してこの日のラストバッター。J-AIRのJL213便、エンブレアルERJ-190STD。良い位置でエアボーンしました。

ハミングバードディパーチャー/J-AIRのERJ-190STD

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F9・1/800秒・ISO800

ヨッシャー!いける、いける!

ハミングバードディパーチャー/J-AIRのERJ-190STD

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F9・1/800秒・ISO400

トップバッターのJALのボーイング737よりも富士山との距離感が良いです。ただし、富士山のクッキリ度は、JALのボーイング737の時の方が良かった。しかし、1回で2本決まるのは非常に珍しい。大収穫となった日でした。

ハミングバードディパーチャー/J-AIRのERJ-190STD

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F9・1/800秒・ISO320

最後までお読み頂き有難う御座います。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第一ターミナル展望デッキ

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください