Bluetooth対応の無線機 FT3D


 感度超良好なFT3D 

八重洲無線の最新無線受信機「FT3D」買いました!ほぼ即決でしたが、決めては何と言ってもBluetooth対応だということ。空港周辺でエアバンド(航空無線)受信する時のイヤホンコードの煩わしさから遂に解放されます。o(^o^)o 飛行機を撮りに行くのがメチャクチャ楽しみになりますね。早速少しだけ使ってみました。
感度超良好、納得の無線受信機ですよー。僕が他に持っているハンディタイプのエアバンド(航空無線)受信機(IC-R6やDJ-X11など)に比べかなりの確率で電波を拾ってくれます。これは、もう手放せませんね。

Bluetooth対応の無線機 FT3D

僕が八重洲無線のFT3Dを購入した店ではFT3Dのエアバンドスペシャルは扱っていなかったので、羽田と成田のタワー、アプローチ、グランドと東京レーダーのみ自分でメモリー登録しました。要らない周波数が登録されていないので、こっちの方がかえって使いやすいですね。登録方法も全然難しくありません。操作性はわりとシンプル。大きな液晶も使いやすい。今まで使っていた無線受信機(IC-R6やDJ-X11など)と比べ、一瞬持った感じ少し重たいですが、気になるレベルではありません。

Bluetooth対応の無線機 FT3D

 FT3Dのベルトクリップ 

FT3D本体裏側。ベルトクリップが結構ゴッツイです。バチンと差し込むタイプですが、シンプルで使いやすいですね。内蔵スプリングが強力なので、ちょっと何かに引っ掛けてもそう簡単に外れることは無さそうです。以前、森の中で無線受信機を無くしかけたことのある僕的には、凄く有り難いアイテムです。

Bluetooth対応の無線機 FT3D

バッテリーの裏側です。写真右斜め下(実際には上側になる)の2つのビスでガッチリとベルトクリップを固定します。このあたりの作りも他のハンディタイプの無線受信機との違いを感じます。

Bluetooth対応の無線機 FT3D

ところで、このベルトクリップを固定するビスがくせ者でした。兎に角固い!恐らく普通のドライバーで回したら、あっという間にネジ山をなめてしまうと思います。僕はすぐにヤバイと思って、下の写真の工具を使いました。赤い矢印の方向にドライバーを押し込みながらビスを回せるので、ネジ山をなめる心配がありません。たまたま僕の購入したFT3Dがそうだっただけかもしれませんが、ご参考までに。

Bluetooth対応の無線機 FT3D

 FT3DのBluetoothヘッドセット 

八重洲無線のBluetoothヘッドセットです。FT3D購入当初、手持ちのBluetoothワイヤレスイヤホンを使ってみたのですが、接続は出来ますが何故か音がメチャクチャ小さい。。結局八重洲無線純正のBluetoothヘッドセットを使うことにしました。手元で音量調整出来るのが有り難い。

Bluetooth対応の無線機 FT3D

反対側からみた八重洲無線のBluetoothヘッドセット。イヤホンは耳にスポッと入り込むタイプではありませんが、耳かけもついているしポロッと落としてしまう心配は全くありません。色々な意味で使い勝手がメチャクチャ良い、八重洲無線のFT3Dです。詳細な使い勝手はまた後日記事にしたいと思います。

Bluetooth対応の無線機 FT3D

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください