チャイナエアラインのB777@野球場ポイント


 ジャンボは良いがトリプルセブン(B777)も 

本日は成田の通称「野球場ポイント」で撮影したチャイナエアラインのボーイング777(トリプルセブン)です。この場所でチャイナエアラインのジャンボジェットを撮っていた頃が懐かしいですが、トリプルセブンのチャイナエアラインも格好良いです!!
この写真の撮影ポイント・・・野球場ポイント

チャイナエアラインのB777@野球場ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO400

成田空港のRWY16L(Runway 16[one six]Left)へファイナルアプローチする、チャイナエアラインのボーイング777(トリプルセブン)、CI100便です。

チャイナエアラインのB777@野球場ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO500

 B777へ航空管制官からのコール 

時刻は午後1時30分過ぎ、航空管制官の聞きなれた「ダイナスティ・ワンジィロジィロ・ランウェイワンシックスレフト・クリアード・トゥ・ランド・ウィンド・~」のコールを無線でキャッチしてから間もなく、チャイナエアラインのボーイング777(トリプルセブン)が目の前に現れました。

チャイナエアラインのB777@野球場ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO400

この日のような成田空港が南風運用の晴天の時であれば、霞ケ浦手前上空を旋回しRWY16L(Runway 16[one six]Left)へアプローチしてくる飛行機は、野球場ポイントから目視確認できます。
成田空港ではチャイナエアラインの飛行機は、ほぼB滑走路へ着陸していると思いますが、航空管制官の「コンタクトタワー・ワンワンエイト・デシマル・トゥリーファイフ(Contact tower 118.35Mhz)」のコールでB滑走路への進入を確認できます。

チャイナエアラインのB777@野球場ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO400

東関東自動車道上空を通過して、いよいよ成田空港のRWY16L(Runway 16[one six]Left)へランディングです。

チャイナエアラインのB777@野球場ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO500

このあたりから先は、東関東自動車道の反対側にある木々で機体が見えなくなります。木々の向こう側に野球場があります。

チャイナエアラインのB777@野球場ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
この写真の撮影ポイント・・・野球場ポイント

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください