チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館


 久し振りのこの飛行機 

チャイナエアラインのカーゴジャンボをメチャクチャ久しぶりにGetしました。時は祝日の火曜日。なかなか普段火曜日なんて成田に来れない。しかしこの飛行機の写真を撮れるチャンスは火、水くらいしかありません。休日となった火曜日、天気は快晴。最近JALのエアバスA350狙いで羽田に出掛けることの方が多かったのですが、今回は迷わず成田へ向かいました。

チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO125

普段あまり来ない曜日なので、どこで飛行機を待てばよいかよく分からない。取り急ぎ東峰神社に行きました。いつも以上にすごい数の人がいる。車を停めるのも大変そう。東峰神社に着いて早々、アプローチ管制の声が入ってきた。「ダイナスティ5705。。」おっ!来た来た。

チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

 この飛行機何処で撮る 

無線を聞いていると、アプローチ管制の指示はRWY34Lアプローチ。「レフトか、そんな気もしていたけど」。結局東峰神社では車を降りずに撤収。何しに来たのかと思われたかな。RWY34Lサイドへ向かいました。この飛行機、何処で撮ろうかな。。

チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

急ごう、RWY34Lへ。移動しながら何処で撮るか考える。時刻は10時ちょっと前。畑ポイントではまだ逆光だろうな。芝山水辺の里は?桜の季節以外はあまり行かない場所。桜の季節以外にあそこで撮るのはあまり好きじゃない。航空科学博物館はどう?ゲート空いているのかな。。誰にも話しかけてません。独り言でした。

チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

 航空科学博物館 

実際行ってみると、航空科学博物館のゲートはしっかり空いてました。よっしゃーここでこの飛行機撮るぞ。ちょっと前まで建物改修していたので入れなかったし、かなり久し振りでした。航空科学博物館が空いていなかったら、仕方ないので芝山水辺の里で撮っていたかもしれません。

チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後の写真。飛行機への日の当たりは完ぺきではないですね。時間帯的に厳しかった。ちょっと勿体無いけど致し方無し。午後の出発に賭けよう。出発は奥の細道かな。。しかし、チャイナエアラインのカーゴジャンボはメチャクチャ格好良かった。。

チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・航空科学博物館
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください