森の上空を通過、デルタのエアバスA350


 朝倉やすらぎの杜で撮る飛行機 

成田空港近く、RWY34Lエンド付近の森影から飛び出して来た飛行機、デルタ航空のエアバスA350-941です!やっぱエアバスのA350は格好良いですね。黒っぽいコクピットのフロントガラスと流面デザイン、両翼の撓るウィングレット、美しいです。。

朝倉やすらぎの杜で捉えたデルタのA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO800

森影を抜け、その飛行機の全身を現わにしたデルタ航空のエアバスA350。朝倉やすらぎの杜で撮った飛行機のショットは結構な迫力です。飛行機はこの先、ひこうきの丘の真横を抜け成田空港のRWY34Lへランディングとなります。

朝倉やすらぎの杜で捉えたデルタのA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

 朝倉やすらぎの杜はこんな場所 

朝倉やすらぎの杜の入口。場所は空の駅風和里しばやまのすぐ近く。駐車スペースはほぼ無いに等しく、空の駅の駐車場を利用させて頂きました。成田空港周辺の森のすぐ上を通過していく飛行機は圧巻です。

成田空港RWY34Lエンド付近、朝倉やすらぎの杜入口

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO500

朝倉やすらぎの杜の中はこんな感じ。この日はほとんど人いませんでした。成田空港周辺の飛行機撮影ポイントの中ではかなりマイナーです。森のすぐ上を飛行機が通過するシチュエーションが成立する成田唯一のポイントですので、けっして悪くは無いと思います。

成田空港RWY34Lエンド付近、朝倉やすらぎの杜

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO5000

 成田の森と飛行機 

周りが森のため、朝倉やすらぎの杜で飛行機を捉えられる瞬間はそう長くはありません。デルタ航空のエアバスA350は徐々に高度を下げながら、機体側面がこちらに見えるポジションまで進んできました。機体手前に枝など障害物が入らずに撮れるのはここまでが限界です。

朝倉やすらぎの杜で捉えたデルタのA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

最後の写真。こんな感で再び成田空港周辺の森の向こうに消えていくデルタ航空のエアバスA350。東峰神社並みにあっと言う間に現れてからすぐ視界から消えていく飛行機。マイナーだけどその分誰にも気を使わずに撮影できる、朝倉やすらぎの里。

朝倉やすらぎの杜で捉えたデルタのA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください