新千歳空港の展望デッキで捉えるB777!


 JALのB777 

目の前でエアボーンした飛行機は、JALのB777。空港の展望デッキで狙う飛行機写真。エアアボーンした飛行機を前から捉えられる、新千歳は貴重な存在。羽田なんて絶対無理。那覇も伊丹も。さらに新千歳の場合は、タイミングが合えばターミナルに向かう着陸機が写り込んでくる。

【新千歳の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

風向きが違えば状況は全然変わってくるはず。この日の新千歳は終日北風運用でRWY01運用。空港ターミナルが滑走路北端近くに位置する新千歳は、RWY01運用の時、出発機のエアボーンを前から撮れる。RWY19運用だったらエアボーンの瞬間は後ろから撮ることになりそう。

新千歳空港の展望デッキで捉えるB777!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

ギア格納完了した飛行機も比較的近距離で捉えることが出来ました。これで300mm。キヤノンのEF100-400mmの望遠側を目一杯使い切らずに、飛行機をギリギリ一杯フレーミング出来ました。手前側の滑走路から離陸するしね。

新千歳空港の展望デッキで捉えるB777!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 ANAのB777 

次はANAのB777。この飛行機は羽田行きのJA704A。15時30分発のNH68便です。新千歳のRWY01Lエンドは、展望デッキからは遠い。EF100-400mmの目一杯望遠側で撮影しました。機首付近に出来る影が、飛行機写真に絶妙なコントラストを作りだしていました。

新千歳空港の展望デッキで捉えるB777!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

ヘッドアップしたANA B777。キヤノン 1D-X MkⅡの高速連写で衝突防止灯を捉えました。エアボーン直前。飛行機のお腹が見えてきたところに、ちょうど光った衝突防止灯を上手いこと捉えられると快感です。こういう時にも飛行機写真の小さな喜びを感じる。

新千歳空港の展望デッキで捉えるB777!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

最後の写真。やっぱB777は良いだろ。ジャンボもA350もA380も勿論良い。どちらかと言うと話題性の高いそっちの飛行機に行ってしまいがちですが、良いものは良い。新千歳でも撮りまくったB777。気がつくと16時前。レンタカー返却時間が迫っていました。

【新千歳の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・新千歳空港展望デッキ
他の新千歳の飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*