アシアナのジャンボを野球場ポイントで!!


 成田でジャンボ 

ここ最近OZ101/102便に頻繁にアサインされているアシアナのジャンボ(B747)。成田のRWY16Lへのファイナルアプローチを野球場ポイントで狙いました。成田へ飛行機を撮りに行くのであれば、やっぱジャンボ(B747)を撮りたいよね。。キヤノン純正レンズ、EF100-400mmで目一杯引き寄せました。

アシアナのジャンボを野球場ポイントで捉える!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

そして、野球場ポイントで「引き」で撮る飛行機。実に成田らしい田園風景に飛行機。こういうシーンに最適なのはジャンボ(B747)ですね。最近はA380をメインに組み立てていた時期が長かった、アシアナのOZ101/102便ですが、暫くは色々混在しそうです。A380にB777、A330、そして時折ジャンボ(B747)。

アシアナのジャンボを野球場ポイントで捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

 この日の主役はアシアナ 

緑が濃い!6月の成田の田園風景。午前の後半から曇り予報だったこの日。アシアナのOZ102便が成田へ到着する11時20分までは何とかもちました。青空に適度に散らばった雲。週末に曇りの日が多い今年の6月。この日は金曜日でしたが、青空バックにアシアナのジャンボ(B747)をGetできたのは良ですね。

アシアナのジャンボを野球場ポイントで捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

東関東自動車道上空に差し掛かった飛行機。この時野球場ポイントで飛行機を撮っていた人は、僕を含め2人だけ。平日なのでこんなもんかなと思っていましたが、昼過ぎには人が3倍くらいになりました。やっぱ空が青ければ、人が集まる野球場ポイント。でも、アシアナのジャンボ(B747)を撮らないのは勿体無い。。

アシアナのジャンボを野球場ポイントで捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

 高速道路とジャンボ 

第二四本木橋の付け根のあたりから狙った、アシアナのジャンボ(B747)。本当は橋の反対側(高速の登り方面)の付け根のあたりから狙えれば、飛行機の前方から高速道路上空を通過するシーンを撮れると思いますが。。野球場のフェンスや蔦が邪魔で撮れないのが唯一残念なところです。成田では反対側の第三四本木橋であれば、午前中順光で飛行機の前方から高速道路上空を通過するシーンを唯一撮れます!

アシアナのジャンボを野球場ポイントで捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後の写真。東関東自動車道上空をほぼ渡り切ったアシアナのジャンボ(B747)。やっぱデカいでしょ!高速道路を走っていて、こんなデカい飛行機が目の前を横切ったら、間違い無くテンション上がりますよね。。

アシアナのジャンボを野球場ポイントで捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・野球場ポイント
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください