ルフトハンザのA350~エアボーンを狙う


 ルフトハンザのエアバスA350~羽田 

浮島で撮ったルフトハンザのエアバスA350-941。羽田空港のRWY34Rに着陸し、国際ターミナルに向かうところを捉えました。この後第二ターミナル展望デッキに移動し、エアボーンシーンを狙う。東京スカイツリー絡みはいけるかな。。

羽田のRWY34RからテイクオフするルフトハンザのA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

1枚目の写真から約2時間、羽田空港RWY34Rから離陸滑走を始めたルフトハンザのエアバスA350。12時45分羽田発、ミュンヘン行きのLH715便。実際の離陸は13時過ぎ。羽田の第二ターミナル展望デッキからは、程よく順光で飛行機を撮影出来る時間帯になります。

羽田のRWY34RからテイクオフするルフトハンザのA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

 第二ターミナル前から 

第二ターミナル展望デッキの目の前でギアアップし始めたルフトハンザのエアバスA350。やはり思っていたとおり少し早い。真新しい最新機材のA350だと、成田で撮っていても総じて早い。機体も軽いだろうし。今年はJALのA350元年。今から楽しみですが、どんな写真が撮れるかな。。

羽田のRWY34RからテイクオフするルフトハンザのA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO250

ルフトハンザのエアバスA350のエアボーン。ジャンボならともかく、やはりエアバスA350のエアボーンは早かった。ルフトハンザのエアバスA350のエアボーンシーンは、随分前に第二ターミナル展望デッキで狙いましたが、その時はまさかのD滑走路(RWY05)から離陸になってしまったのが未だにトラウマ。

羽田のRWY34RからテイクオフするルフトハンザのA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO250

 スカイツリーは。。

東京ゲートブリッジとルフトハンザのエアバスA350。メッチャ良い距離感ですね。手前に入ったANAのB777の位置関係も、偶然ながら良い感じのショットになりました。スカイツリー絡みは絶望的な高さです。

羽田のRWY34RからテイクオフするルフトハンザのA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO250

最後の写真。EF100-400mmのワイド端で無理矢理スカイツリーをフレーミングして撮ったルフトハンザのエアバスA350。フェンスのワイヤーが入ってしまった残念なショットですが、ルフトハンザのエアバスA350の初スカイツリートライにつき、恥忍びで公開してしまいます。皆さんも気を付けましょう。

羽田のRWY34RからテイクオフするルフトハンザのA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください