B777に置き換わるA340どうなる?!


 東峰神社入り口にて 

東峰神社入り口付近で捉えた1階建ての4発機。成田でも希少なその機材。白いボディに赤い垂直尾翼の主はスイス インターナショナル エアラインズ(SWISS)のエアバスA340。外側へ45度傾いたウィングレットが一目で「それ」とわかります。

SWISSのA340@東峰神社入口

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO250

チューリッヒから毎日約12時間かけて成田へ就航するSWISSのLX160便、エアバスA340-300。成田への到着時刻は冬ダイヤの定刻で午前8時55分。東峰神社で撮影するにはベストな時間帯です。

SWISSのA340@東峰神社入口

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO320

 SWISSのエアバスA340とB777 

メッチャ早起きしなくても間に合う、そして東峰神社上空付近通過時は超順光となる、SWISSのLX160便、エアバスA340。よく見るとエンジン後方から黒い煙がモクモクと出ています。このエアバスA340も近いうちにB777に置き換わるのだろうか。だいーぶ年季を感じます。

SWISSのA340@東峰神社入口

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

SWISSのエアバスA340の垂直尾翼がはっきり見えてきた。赤地に白十字のスイス国旗。機体は逆に白地に赤文字で「SWISS」。機体のカラーリングを垂直尾翼と入れ換えているところが面白い。何か独特のセンスを感じますね。

SWISSのA340@東峰神社入口

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

 奥の細道ではどうなる?~成田 

SWISSのエアバスA340の座席数は219。B777に置き換わると座席数は340になります。かなり大型化されることになりますね。燃費と二酸化炭素排出量23%削減されるとか。成田線のB777投入は時期未定。まだしばらくは1階建て4発機の撮影をエンジョイ出来ます。

SWISSのA340@東峰神社入口

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。衝突防止灯の赤い光が入りました。現在のSWISSのエアバスA340の出発機は、離陸がメッチャ遅く奥の細道で撮ると管制塔前通過時は地べたに這いつくばい状態です。最新鋭のB777に置き換わったらどうなるのか、大型化されても意外と良いアンバイで管制塔のすぐ上あたりをカスメて行きそうな気がしていたりします。いずれにせよ見ものですね。。

SWISSのA340@東峰神社入口

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・東峰神社
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください