宮崎のRWY09エンド~出発機の美しさ~

 ANA エアバスA320 

宮崎のRWY09エンド。誰もいない原っぱからローカルな管制塔を臨む。宮崎空港ターミナルには結構な数の飛行機がいますね。JALにANA、ソラシド。日中は見かけませんが、外国勢のエアラインも来ます。そして、こちらへ向かってくるのはANAのエアバスA320。LCCでよく見る飛行機。

宮崎のRWY09エンド~出発機の美しさ~

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

望遠レンズで機体を目一杯にフレーミングしたANAのエアバスA320。飛行機のちょうど後ろに宮崎空港の送迎デッキが写っていた。激しいメラメラでデッキの様子は全然分かりません。人が疎らなのはよく分かります。結構人気な航空大学校の旧訓練機も見えますね。

宮崎のRWY09エンド~出発機の美しさ~

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

 宮崎の管制官 

ランウェイ手前まで来たANA エアバスA320。航空管制官から「アー ユー レディ?」と声が掛かる。主要空港では聞かれないやりとり。タキシールートの指示もシンプルで分かりやすい。羽田や成田は聞いているだけで疲れるね。。

宮崎のRWY09エンド~出発機の美しさ~

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

いよいよ宮崎空港の滑走路に進入するANA エアバスA320。飛行機の鼻先から奥へ広がる滑走路の雰囲気がたまりませんね。遥か遠い未来を想像させるような気がします。意外とこういうシーンの飛行機を撮れる場所は少ないかもしれません。良いね!

宮崎のRWY09エンド~出発機の美しさ~

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

 宮崎の夜は? 

前の写真よりも少しだけ進んだ飛行機。あまりにも感動的で同じような写真を連続させてしまったところ。このシーン、夜撮ったらキレイだろうな。と思ったけど、宮崎でのそういう飛行機写真を見たこと無い。何でだろう。。

宮崎のRWY09エンド~出発機の美しさ~

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後の写真。宮崎のRWY09にラインアップ アンド ウェイト状態のANA B737。トラフィックの少ない宮崎の場合、クリアード フォー テイクオフは滑走路進入前に出るか、ラインアップ アンド ウェイトになっても、すぐにクリアード フォー テイクオフになります。だから、誰も夜撮りに行かないのかな。。一人で納得。

宮崎のRWY09エンド~出発機の美しさ~

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・宮崎空港RWY09エンド
他の宮崎の飛行機撮影ポイントを見る

JALのB737を至近距離で捉える~宮崎

 青空と飛行機 

宮崎空港RWY09にJALのB737が迫る。発音は勿論「ゼロ ナイナー」。夕方4時過ぎの誰も居ないランウェイエンド。望遠レンズから標準レンズに付け替えたカメラで飛行機の到着を待ちました。空港南の方からアプローチしてくる飛行機は、かなり前から肉眼でもはっきり見えていました。

JALのB737を至近距離で捉える~宮崎

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

雲が多めの宮崎の空。これでも1時間前より全然良くなりました。撤収前に晴れ間が出てくれたのは幸運。飛行機の飛行ルートにはあまり近ずき過ぎず、緩やかな角度でカメラを構える。イメージ通り捉えたJAL B737。青空バックの飛行機写真は美しい。

JALのB737を至近距離で捉える~宮崎

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

 宮崎のランウェイエンド 

飛行機の真横からショットを風景を絡めず撮ったのは久しぶり。宮崎のランウェイエンドは、思ったよりも飛行機の高度が高かった。本当は地上ブツをフレームインさせたかったところですが、諦めて飛行機に寄りました。これはこれで格好良い。

JALのB737を至近距離で捉える~宮崎

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

頭上を通過したJAL B737を後方から追う。周囲には本当に何も障害物が無い、宮崎のRWY09エンド。誰も来ないので場所取りとか、一切他人に気を使う必要が無い。その代わりトイレとかありません。遠くにシーガイアが見える。後で気づきました。

JALのB737を至近距離で捉える~宮崎

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

 JAL B737のタッチダウン 

既に明かりが灯る誘導灯。こういうアングルで滑走路をフレーミングして飛行機写真を撮れるのも、宮崎のRWY09エンドならでは。水平目線で撮る飛行機は、迫力そのもの。飛行機撮影ポイントとしては、さほど整備されているわけではありませんが、良い場所です。

JALのB737を至近距離で捉える~宮崎

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後の写真。こちらは望遠レンズで撮ったJAL B737のタッチダウン。タイヤスモークは大人しめ。滑走路のメラメラの向こうには何も見えない。シンプルだ。シンプルでも、そこに飛行機がいるだけで写真は成立する。飛行機写真 is amazing。

JALのB737を至近距離で捉える~宮崎

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・宮崎空港RWY09エンド
他の宮崎の飛行機撮影ポイントを見る

宮崎市街の斜面に絡む飛行機はやっぱ美しい

 山と市街地と飛行機 

宮崎空港の送迎デッキから撮る飛行機写真。宮崎市街の斜面を絡めて撮る飛行機は、どう見ても美しい。僕のホーム、成田や羽田ではこういう飛行機写真は撮れません。山と市街地と飛行機。こんなシチュエーションに突入して来る、J-AIRのE70が素晴らしく美しい。

宮崎市街の斜面に絡む飛行機はやっぱ美しい

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

宮崎市街の斜面にギッシリ詰まった住宅。僕もこういう美しい街並みのあるところに住みたいな。そして、その上空にアプローチしてくる飛行機。遠くに見える山々も含め、僕的には飛行機写真撮影には最高!かもしれない環境が宮崎にあった。これは、宮崎に行く前には全く想像していなかったシチュエーション。最高ではないですか!

宮崎市街の斜面に絡む飛行機はやっぱ美しい

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

 プチ高層マンションと飛行機 

地道にちょっとずつ進んでくる宮崎空港へ着陸する飛行機です。J-AIRのE70。プチ高層マンションから飛行機を見てみたら結構面白いでしょうね。目線の高さでランディング直前の飛行機を見れたら絶対良いでしょ!住んでいる人が羨ましい。

宮崎市街の斜面に絡む飛行機はやっぱ美しい

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

小高い丘と宮崎の町並みに飛行機が絡んだ。夕方の西陽が機体上部にハイライトを入れる。遠くに見える大型マンションは少しかすみ気味。カメラの設定はいつもより絞り気味のF8.0。思いきってもっと絞っても面白いかもしれませんね。

宮崎市街の斜面に絡む飛行機はやっぱ美しい

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後の写真。宮崎空港のRWY09にランディングする飛行機は、送迎デッキのほぼ正面でタッチダウン。滑走路すぐ脇の工場群がJ-AIR E70のバックに入ってきます。空港周辺には音を出すものどうしが集まってくる。理にかなった立地、考えてみれば当然。

宮崎市街の斜面に絡む飛行機はやっぱ美しい

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うざいます。それでは、また!!
この写真の撮影ポイント・・・宮崎空港送迎デッキ
他の宮崎の飛行機撮影ポイントを見る

宮崎の管制塔と海~ソラシドエアのB737

 ローカルな背景と飛行機 

宮崎空港の管制塔をバックに、RWY09からテイクオフするソラシドのB737。木が手前にちょっと被った。離陸滑走してくる飛行機は手前(画面右側)の森に隠れ全然見えない。いきなり現れる飛行機を角度的にはGoodなところで捉えられましたね。

宮崎の管制塔と海~ソラシドエアのB737

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

羽田で散々見たソラシドの機体も、ローカルな背景で撮るのは新鮮です。山と野原のど真ん中を駆け抜ける飛行機みたいな。ソラシドグリーンの機体と宮崎の風景がよくマッチしていますね。小振りな宮崎の管制塔にはB737クラスの飛行機がマッチします。

宮崎の管制塔と海~ソラシドエアのB737

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

 宮崎の飛行機撮影ポイント 

町並みが背景に入ってくる、RWY09エンドとは全く対照的な宮崎のRWY27エンド。付近にはサーファーの人しかいない。サーファーの人から見ると、ジーパン姿でゴッツい望遠レンズを持って歩くオヤジはどう写っているのだろうか。たぶん全然気にされてないのだろうな。。

宮崎の管制塔と海~ソラシドエアのB737

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

終日逆光の宮崎空港RWY27エンドの撮影ポイント。気持ちコクピット付近にハイライトが入った飛行機。そしてスマホで飛行機を撮る親子?カップルかな?地元の人なのだろうか。送迎デッキを除くと、ワザワザこんな誰もいないところに飛行機を見物に来ている人を見かけたのはココだけ。ご苦労様です。

宮崎の管制塔と海~ソラシドエアのB737

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 宮崎の海と飛行機 

飛行機の眼下に砂浜が入ってきた。飛行機がここまで進んでくると、高度はどんどん高くなっている。高い建物から撮れたら良いけどね。そばには営業しているかよく分からない、宿泊施設が1件ポツンと佇んでいました。

宮崎の管制塔と海~ソラシドエアのB737

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後の写真。波打ち際と飛行機。だいぶチッチャくなったソラシドのB737ですが、出発機と宮崎の海を絡めようとするとコレが限界。何とか波打ち際はフレームイン出来ました。管制塔と海を絡めた飛行機写真を撮れる、宮崎空港RWY27エンドでした。

宮崎の管制塔と海~ソラシドエアのB737

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・宮崎空港RWY27エンド
他の宮崎の飛行機撮影ポイントを見る

海を背景にJAL B737タッチダウン!

 飛行機とテトラポット 

ココは宮崎。成田や羽田の着陸機への着陸許可はかなり直前。着陸機が見えている状態で出発機を滑走路に入れ、離陸させてから着陸許可を出すルーティーンに馴れていると、メッチャ早い地方空港の「クリアード トゥ ランド」コール。遥か遠くから少しずつ大きくなってくる飛行機はJALのB737。波打ち際の向こうにタッチダウンですね。

海を背景にJAL B737タッチダウン!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO125

テトラポットに打ちつけた波のザバーン、というのが偶然飛行機の少し前に出てくれました。逆光で黒潰れしかけたテトラポットと白い波とのコントラストも良いね。黒いけど、部分部分キラッと光るテトラポットの先端も何か面白い。思っていた以上に面白いショットに仕上がった飛行機写真。逆光の飛行機の先端にハイライトが来たのも良いでしょ。

海を背景にJAL B737タッチダウン!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO125

那覇や高知、鳥取とか、ビーチを絡めた飛行機写真スポットは数多くあれど、テトラポットを絡められる宮崎。あまり宮崎でこのパターンの飛行機写真は見ないと思いますが、撮ってみるとメッチャ良い感じ。終日逆光になるポイントですが、逆光ゆえのキラキラ海もまた素敵な要素の一つになってくれましたね。

海を背景にJAL B737タッチダウン!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO125

 宮崎の穴場 

宮崎空港RWY27にランディング直前のJAL B737。台風やら悪天候続きの今年の夏秋。この天候はいつになったら終わりが来るのだろうか。そのせいか、浜辺にはご覧のように漂流物と思われる木の枝や(場所によっては)ゴミなども散乱していました。それも宮崎を訪れた想い出の一つ。印象的な飛行機撮影になったかな。。

海を背景にJAL B737タッチダウン!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO125

最後の写真。JAL B737のタイヤスモークシーン。海と飛行機を至近距離で捉え、さらにタッチダウンも撮れる宮崎。意外と盲点というか、あまり注目されていないようですが、結構良いと思いました!空がもっと青いと言うこと無しでしたが、皆さんも機会があれば是非行ってみてください!

海を背景にJAL B737タッチダウン!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・宮崎空港RWY27エンド
他の宮崎の飛行機撮影ポイントを見る

宮崎のアスファルトを蹴り飛行機が飛ぶっ!

 宮崎のRWY09エンド 

真っ白な空、ど真ん中に飛行機。手前はアスファルトと草地。宮崎のRWY09エンドで眺める、RWY27から離陸滑走してくる飛行機はJAL B737。フワッとした光の世界の向こうから飛行機が飛び出して来るような光景。あぁ美しい。。

宮崎のアスファルトを蹴り飛行機が飛ぶっ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

JAL B737のエアボーン。560mmでこれが目一杯。キヤノンのEE100-400mmで2.0xのエクステンダーが使えれば、もう少し迫れるところかもしれません。2.0xだとAFが効かなくなるので1.4xです。滑走路のアスファルトや草地を手前に取り込んだ飛行機写真も悪くは無い。

宮崎のアスファルトを蹴り飛行機が飛ぶっ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 宮崎の魅力 

飛行機の後方は物凄いジェットブラスト。背景が真っ白なので分かりづらい。でも、この真っ白で飛行機の背景に何も写らないのが宮崎の魅力。本当に何も無い!海だから。中途半端に何か写り込んでくるよりシンプルで良いでしょ。

宮崎のアスファルトを蹴り飛行機が飛ぶっ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

徐々に徐々に560mmで良い感じのサイズになってきた飛行機。フルサイズ機だしな。最近APS-Cが気になってきた。90Dとかどうよ、と。7D MkⅡは持ってたことあるけど、高感度はキツかった。90Dはだいぶ良いらしい。AFはどうだろうか。

宮崎のアスファルトを蹴り飛行機が飛ぶっ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 B737の迫力ショット 

轟音とともに頭上に迫る飛行機。小型機でも十分過ぎる迫力。昔、静岡空港でFDAのエンブラエル機ばっかり見ていた後にANAのB737を見たら、メチャクチャデッカく見えたのを思い出しました。B737でもA320でも全然迫力ショットになります!

宮崎のアスファルトを蹴り飛行機が飛ぶっ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO125

最後の写真。体を反転させて飛行機を追い掛ける。結構長いこと飛行機を後ろから追い掛ける人も多いですが、僕はあっさり派です。シチュエーションにもよりますが、そんなに何枚もバックショットは使わないので。。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY09エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・宮崎空港RWY09エンド
他の宮崎の飛行機撮影ポイントを見る

素敵!宮崎のRWY27から離陸する飛行機

 飛行機写真の世界観 

宮崎空港RWY27にラインアップするANA B737を560mmで捉える。距離は約3km。蜃気楼の彼方みたいな向こうにいる飛行機は、ほどなく離陸滑走開始。宮崎を訪れたら、一番撮りたかった飛行機写真が今から実現するワクワク感。だから写真は楽しい。

素敵!宮崎のRWY27から離陸する飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

さぁ飛行機が来る。周りには誰もいない。地方空港に来ると、たいていそう。空港内を大きなカメラバックと三段脚立を持って歩いているのは、ちょっと特異な人なのかもしれません。でもこの場所でしか撮れない、飛行機写真の世界観がそこにはある。

素敵!宮崎のRWY27から離陸する飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 飛行機写真の奥行き 

もうすぐエアボーン。飛行機のエンジン音はほとんど聞こえない。まだ右翼のウィングレットがはっきり見えない。そういう距離感。ところで夜来たらキレイだろうな、宮崎のRWY27エンド。三脚を持っていかなかったのを少し後悔。

素敵!宮崎のRWY27から離陸する飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

浮き上がった飛行機の機体。これが僕が宮崎で一番撮りたかった飛行機写真だ。後方に着陸機も写り込みました。広大な滑走路の向こうは何も見えない。宮崎はこの何も見えないのが良いよね。果てしない飛行機写真の奥行きを感じられるショットです。

素敵!宮崎のRWY27から離陸する飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

 敢えて逆光の飛行機 

目の前を飛び去る飛行機をズームリングを引きながら追う。この飛行機写真は敢えて逆光の滑走路北側から撮りました。宮崎のRWY27エンドの飛行機写真で、このアングルで撮っているパターンはあまり無いかもしれませんね。

素敵!宮崎のRWY27から離陸する飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO100

最後の写真。ANA N737の右後方からショット。宮崎空港の西側は雲一つ無い見事な青空。同じ瞬間に撮ったとは思えないようなこの飛行機。全く同じ機材です。宮崎空港を出発した飛行機は、すぐに右旋回し羽田空港に向かう。Good Day!

素敵!宮崎のRWY27から離陸する飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・宮崎空港RWY09エンド
他の宮崎の飛行機撮影ポイントを見る

宮崎市街とピーチ エアのエアバスA320

 宮崎の送迎デッキ 

宮崎空港のRWY09にピンク&ホワイトカラーの飛行機が降り立つ。宮崎では1日1便のみ、関空から来るピーチ エアーのエアバスA320。この飛行機写真を撮ったのは16時少し前。手前のジェットスターには陽が当たってませんが、ピーチのエアバスA320や背景の宮崎市街を西陽が柔らかく照らしてくれました。

宮崎市街とピーチ エアのエアバスA320

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

RWY09に降りてくる飛行機の背景に市街地が入り続ける宮崎。僕の宮崎遠征は終日快晴の予報が前日に一転。朝のみ晴れで昼前から曇りとなりましたが、15時過ぎに奇跡的に晴れとなりました。もぉいいかな、と思っていた宮崎の送迎デッキの飛行機写真撮影に、今一度スイッチを入れてくれたピーチのエアバスA320の到来。

宮崎市街とピーチ エアのエアバスA320

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

 宮崎の町並みと飛行機 

JALやANAのB737を撮り飽きた宮崎での1日。送迎デッキ入口にある時刻表を見ると、まもなくピーチの189便が到着する。この飛行機を撮らない選択肢は無い、と戻った宮崎空港送迎デッキのフェンス際。キレイな順光の飛行機写真。背景の町並みが西陽で少し暗く落ちているのが、かえって良かった。。

宮崎市街とピーチ エアのエアバスA320

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

ピーチのエアバスA320のタッチダウン。背景の町並みは、アクシオン福岡から撮る福岡空港RWY16上がりの飛行機写真をちょっと思い出しました。いやいや宮崎の方が良いかも。山や緑があるし、このローカルさがね。

宮崎市街とピーチ エアのエアバスA320

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 海と飛行機 

ピーチのエアバスA320逆噴射中。飛行機の向こうに見える一際高い建物はシーガイア。正式にはフェニックス・シーガイア・リゾート宮崎、というらしい。行く予定は無いけど、道路の案内標識にも出てた。宮崎と言えばシーガイアなのね。。

宮崎市街とピーチ エアのエアバスA320

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後の写真。海と飛行機!宮崎のRWY09にランディングした飛行機は、そのままRWY27奥まで進み、ターンしてターミナルへ入ってきます。市街地と海。美味しいところ満載な宮崎空港の飛行機写真撮影の旅。最高でした。

宮崎市街とピーチ エアのエアバスA320

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・宮崎空港送迎デッキ
他の宮崎の飛行機撮影ポイントを見る

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

 宮崎空港の飛行機撮影ポイントをご紹介します。

その4 特攻基地慰霊碑前

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

宮崎空港RWY09エンド付近に位置する宮崎特攻基地慰霊碑の真ん前です。滑走路の南側から終日順光で離発着する飛行機を撮影出来ます。駐車スペースあります。トイレはありません。

 宮崎特攻基地慰霊碑前 撮影ポイントの行き方 

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

宮崎空港を出たら最初のT字路を右折します。(信号が無いので要注意の交差点!結構怖い)突き当たりは宮崎空港の敷地ですが、この中に入って行きます。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

宮崎空港の門を通ったらすぐ左方向です。特攻基地慰霊碑の参拝者は通行可と書いてありました。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

何回か右に曲がったり、左に曲がったりして進みます。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

ひたすら道なりに進みます。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

自転車が見えますが、工事関係の車両以外の僕みたいな一般人はほとんど来ません。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

広場に出ます。ビニールハウスの奥の方へ進みます。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

こんな看板があるのでちょっとビビる。でも全然大丈夫です。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

ビニールハウスの奥の方へ進み、突き当たりを左折します。正面に警備員さんが立っていました。普通に挨拶されます。もうすぐ目的地です。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

目的地が見えました。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

駐車スペースたっぷりですね。止まっている車は僕が借りたレンタカーです。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

こちらが宮崎特攻基地慰霊碑。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

目の前に広がる宮崎空港の敷地。目の前にフェンスがありますが、脚立無しでもいけます。僕は、着陸機を撮る時だけ三段脚立を使いました。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

 宮崎特攻基地慰霊碑前で撮った飛行機 

RWY27にラインアップするJ-AIRのERJ-190。EF100-400mmに1.4xのエクステンダーを着けて560mmで撮影。こういう時用にAPS-Cのカメラが欲しいかも。。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

宮崎空港の2,500mの滑走路。特攻基地慰霊碑前からRWY27方面への見渡しは、一切障害物無し。離陸滑走してくる飛行機がよく見えます。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

エアボーンする飛行機のこのアングル。僕の一番好きなアングルです。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

ここも焦点距離はまだ560mmのまま。ランウェイエンド際とはいえ、飛行機までの距離は結構あります。それにしても良いアングルです。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

こちらは250mmで撮影。この後ランウェイチェンジとなり、RWY27上がりは小型機しか撮れずでした。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

目の前を通りRWY09に向かうDHC-8。伊丹線や福岡線はプロペラ機が多いですね。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F13・1/125秒・ISO100

ソラシドのB737が降りてきました。望遠レンズでも引きで撮れば地上の風景を取り入れた飛行機ショットになります。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

宮崎空港RWY09にランディングする飛行機と航空大学校の格納庫。訓練機が何機か見られますね。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。焦点距離400mmあれば飛行機のタッチダウンの瞬間、タイヤスモークシーンもしっかり狙えます。飛行機がもうちょっと先の方でタッチダウンしてくれると、背景に濃い緑の木が入ってきてタイヤスモークがクッキリ写りそうですが、これでも十分。

【宮崎飛行機撮影ポイント】特攻基地慰霊碑前

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

 宮崎空港の飛行機撮影ポイントをご紹介します。

その3 RWY27エンド

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO125

宮崎空港RWY27エンドは、海に突き出た滑走路脇の砂浜から離発着する飛行機を撮影出来るポイントです。宮崎空港の北側にあたる場所になり、終日逆光です。RWY27エンドの南側は、ゴルフ場になっていて飛行機を撮影出来る場所はなさそうでした。逆光なのでキラキラ輝く海を絡めた飛行機ショットが撮れます。

 宮崎空港RWY27エンド 撮影ポイントの行き方 

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

宮崎空港から県道367号線に出て、宮崎市街方面に向かい最初のY字路を右方向に進みます。この信号を右です。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

すぐに踏み切りがあります。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

踏み切りを渡ったら、最初のT字路を右折します。信号の無い細い道です。曲がるとすぐに飛江田橋という小さな橋を渡ります。突き当たりまでひたすら直進します。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

突き当たりを道なりに左方向へ進みます。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

最初のT字路を右折します。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

すぐに突き当たりになるので左折します。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

この信号を右折します。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

ひたすら道なりに進みます。やがて宮崎空港のフェンスが右手に見えてきます。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

宮崎空港を右手に見ながら、ひたすた道なりに進みます。この行き方がベストかどうかはわかりませんが、ナビの地図を見ながら適当に進んだ結果です。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

宮崎空港が右手に見えなくなると、やがて道が左へカーブしさらに進むと右に入れる細い道が現れます。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

細い道へ入ると、砂浜の方へ出られます。車を止められるスペースがあります。トイレはありません。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

砂浜に出ました。駐車スペースからは少し歩きます。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

 宮崎空港RWY27エンドで撮った飛行機 

手前のキラキラの海を絡め、宮崎空港RWY27へファイナルアプローチするANAスーパードルフィン。波打ち際が飛行機の右下にフレームイン出来るのが良いね!

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO125

ANA スーパードルフィンのタッチダウン。飛行機のタイヤスモークシーンは、海が入りません。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

宮崎空港RWY09からテイクオフする、ソラシドのB737。宮崎空港の管制塔を絡めた、僕の好きなパターンの飛行機ショット。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後の写真。RWY09上がりの飛行機(ソラシドのB737)を海を絡めて。飛行機がこれ以上先に進むと、高度が高くなり飛行機が小さくなり過ぎてしまいます。

【宮崎飛行機撮影ポイント】RWY27エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!