東峰神社入口で@ポーラーのカーゴジャンボ

 やっぱ飛行機写真はジャンボ 

東峰神社入口付近で撮った、ポーラーのカーゴジャンボ。やっぱ4発機は最高です。これから東峰神社上空付近を通過し、成田空港RWY34Rへランディングする直前のシーン。標準ズームのワイド端で捉えました。

東峰神社入口で@ポーラーのカーゴジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

この飛行機の写真撮影時刻は午前9時過ぎ。この時間帯は飛行機を見る角度によって、日の当たり方が大分異なってきます。そろそろ、滑走路反対側の東峰トンネル前に移動するか悩む頃ですね。もうちょっとかな、と思いながら撮ったポーラーのカーゴジャンボです。

東峰神社入口で@ポーラーのカーゴジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

 ジャンボが最高に美しいアングル 

徐々に飛行機にしっかり日が当たってきた。このアングルで眺めるジャンボは最高に美しい。ここにお花畑でもあったら良いのに。飛行機の高さ的にも言うことありません。グリーンポートだと飛行機が高すぎるので。

東峰神社入口で@ポーラーのカーゴジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO640

東峰神社入口付近の道路上空に差し掛かるポーラーのカーゴジャンボ。滑走路反対側の東峰トンネル入口前ではカーブしている道路が飛行機の眼下に写り込みますが、滑走路東側の東峰神社入口前では、直線道路になります。

東峰神社入口で@ポーラーのカーゴジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO800

 東峰神社の人気 

飛行機への日の当たりが完璧になってきました。東峰神社入口側で撮って大正解だったポーラーのカーゴジャンボ。車が通りがかったタイミングも最高だった。サイズ感も良い。デカいトラックが来なくて良かった。

東峰神社入口で@ポーラーのカーゴジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO1250

最後の写真。成田空港のフェンスの向こうに消える前の飛行機。フェンスの中が見えたらな。。でも見えないのが東峰神社周辺地帯。この日も東峰神社鳥居前は人がメチャクチャ多かった。この人気は何故なのだろうか。いつまで経っても落ち着く気配はなさそうです。

東峰神社入口で@ポーラーのカーゴジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO1250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・東峰神社
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

シンガポールのA380と成田の管制塔

 エアバスA380の迫力 

成田で久し振りにシンガポール航空のエアバスA380を狙った。さくらの山でRWY34Lからのテイクオフです。お目当ては、成田の管制塔絡み。絶対行けるだろう。さくらの山展望広場でその時を待った。時刻は午前11時30分。ゆっくりと機首を持ち上げた世界最大の旅客機。

シンガポールのA380と成田の管制塔

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

良い感じで浮き上がった巨大な飛行機。その迫力は何度写真を撮ってもメチャクチャ凄い、と思わされる。成田には何と昨年の9月以来だったので、尚更そう感じたかもしれません。多い時は月3-4回来てたのに。。

シンガポールのA380と成田の管制塔

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 狙いの飛行機写真は 

本日この飛行機のベストショットかな。成田はアンテナとか邪魔者が色々入ってくるけど、地上にいる沢山の飛行機を入れつつこのバカでかい飛行機写真を撮れる成田は良い。日当たりはもう少し遅い時間帯の方が良いね。

シンガポールのA380と成田の管制塔

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

さて、狙いのシンガポール航空のエアバスA380と成田の管制塔との絡み。ありゃりゃ、思ってたよりも飛行機が高いな。ギリギリまでワイド端で粘ってみましたが、これで限界。エアバスA380と成田の管制塔絡みは実現せず。やっぱSASのエアバスA340だけか。。縦カットで攻める手段もあったかもしれませんが。

シンガポールのA380と成田の管制塔

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

 さくらの山上空 

さくらの山上空を通過するシンガポール航空のエアバスA380。飛行機がこの辺まで進んでくると、この時間帯でも日当たりはバッチリです。この日はフライトショップ チャーリーの飛行機解説は無し。代わり?に「世界最大の旅客機が間もなく離陸します」と大声で叫んでいる人がいました。

シンガポールのA380と成田の管制塔

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO1000

最後の写真。空が2月にしてはメチャクチャ青い。雲も全く無い。良い天気です。飛行機写真には最高の天候。成田でシンガポール航空のエアバスA380も撮る場面が無くなってきた。次はさくらの時期かな。昨年は4月の頭だったけど、今年はもっと早いかな。

シンガポールのA380と成田の管制塔

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO1250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・さくらの山
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館

 久し振りのこの飛行機 

チャイナエアラインのカーゴジャンボをメチャクチャ久しぶりにGetしました。時は祝日の火曜日。なかなか普段火曜日なんて成田に来れない。しかしこの飛行機の写真を撮れるチャンスは火、水くらいしかありません。休日となった火曜日、天気は快晴。最近JALのエアバスA350狙いで羽田に出掛けることの方が多かったのですが、今回は迷わず成田へ向かいました。

チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO125

普段あまり来ない曜日なので、どこで飛行機を待てばよいかよく分からない。取り急ぎ東峰神社に行きました。いつも以上にすごい数の人がいる。車を停めるのも大変そう。東峰神社に着いて早々、アプローチ管制の声が入ってきた。「ダイナスティ5705。。」おっ!来た来た。

チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

 この飛行機何処で撮る 

無線を聞いていると、アプローチ管制の指示はRWY34Lアプローチ。「レフトか、そんな気もしていたけど」。結局東峰神社では車を降りずに撤収。何しに来たのかと思われたかな。RWY34Lサイドへ向かいました。この飛行機、何処で撮ろうかな。。

チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

急ごう、RWY34Lへ。移動しながら何処で撮るか考える。時刻は10時ちょっと前。畑ポイントではまだ逆光だろうな。芝山水辺の里は?桜の季節以外はあまり行かない場所。桜の季節以外にあそこで撮るのはあまり好きじゃない。航空科学博物館はどう?ゲート空いているのかな。。誰にも話しかけてません。独り言でした。

チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

 航空科学博物館 

実際行ってみると、航空科学博物館のゲートはしっかり空いてました。よっしゃーここでこの飛行機撮るぞ。ちょっと前まで建物改修していたので入れなかったし、かなり久し振りでした。航空科学博物館が空いていなかったら、仕方ないので芝山水辺の里で撮っていたかもしれません。

チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後の写真。飛行機への日の当たりは完ぺきではないですね。時間帯的に厳しかった。ちょっと勿体無いけど致し方無し。午後の出発に賭けよう。出発は奥の細道かな。。しかし、チャイナエアラインのカーゴジャンボはメチャクチャ格好良かった。。

チャイナエアのカーゴジャンボ@航空科学博物館

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・航空科学博物館
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

【福岡の飛行機撮影ポイント】国際線展望デッキ

 福岡の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その6 国際線展望デッキ

僕は福岡空港の国際線ターミナルへは国内線ターミナルからの無料シャトルバスを利用してアクセスしました。かなり便数もあり便利です。シャトルバスは空港外周ではなく、空港敷地内の周回道路を通るのが珍しくて面白い。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国際線展望デッキ

福岡空港国際線ターミナルの展望デッキは、建物内南北のそれぞれの端に計2箇所あります。離陸と着陸を南北に移動しながら自由に撮れますね。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国際線展望デッキ

展望デッキは全面ガラス張り。ガラスは傷や手垢だらけで飛行機写真撮影には向きません。全然人がいないわけだ。国内線の展望デッキは人でごった返していたのに。。国際線展望デッキから撮る飛行機写真は午後から順光になります。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国際線展望デッキ

北側展望デッキからRWY16方面の眺め。標準レンズではかなり小さくなりますが、スターフライヤーのエアバスA320がちょうどタッチダウンしたところです。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国際線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・ F8.0・1/1000秒・ISO400

こちらは南側展望デッキからRWY34方面の眺め。照明灯ポールが邪魔。これはターミナルで撮る飛行機写真の宿命ですが、左右に移動出来る範囲がかなり制限されるので、どうにも克服出来ません。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国際線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・ F8.0・1/1000秒・ISO400

正面のゲートに入ってきたユナイテッドのB737。これはさすがに照明灯ポールを避けて撮れました。背後に福岡空港周辺の街並みと山。陸上にある地方空港っぽい風景、結構好き。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国際線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・ F8.0・1/1000秒・ISO400

 福岡空港国際線展望デッキで撮った飛行機写真 

JALの6代目嵐ジェット(20th ARASHI THANKS JET)がRWY16に降りてきた。タッチダウンの瞬間が、これまた照明灯ポールに邪魔されて中々撮れない。背景にホテルグランビュー福岡空港の茶色の建物が写り込んでいました。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国際線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

アクシオン福岡をバックにJAL エアバスA350の1号機。ガラスのせいで画像が霞んでしまうので、レタッチで何とかした飛行機写真。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国際線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO1000

ANA スタアラ仕様のB767。タッチダウンが遅めだったので、照明灯ポールが手前に被らずに撮れました。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国際線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

最後の写真。FDA ゴールドの9号機。緑緑した山をバックにゴールドボディがよく映えていました。飛行機のサイズ的にも、位置取り的にも凄く良い感じ。福岡の国際線ターミナル展望デッキは、ガラスの問題以外は良い場所なんだよなー。。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国際線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO1600

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
他の福岡空港飛行機撮影ポイントを見る

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

 福岡の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その5 国内線展望デッキ

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

僕が福岡空港の国内線ターミナル展望デッキを訪れた時は、改修工事中で立ち入れるエリアは恐らく通常の半分程度で、そのためかかなり混み合っている状況でした。フェンス際に入り込めるスペースがほとんど無い。。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

フェンス手前はこんな感じ。ワイヤーが写り込まないように、レンズをワイヤーにくっつけて飛行機写真を撮りたいのですが、それも厳しい。場所によっては出来そうですが、そういうポジションは限られるし全然空かない。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線送迎デッキ

厳しいね。標準レンズだと思いっきりワイヤーが映り込みます。これは皆さんが飛行機を見ている後ろの方から400mm固定で撮るしかないかな、と思いました。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線送迎デッキ

 福岡空港 国内線展望デッキで撮った飛行機写真 

距離感的に400mmだと、小型機メインで狙うことになります。B787クラスだとこのアングルでは完全にはみでます。福岡空港の国内線展望デッキは、飛行機写真の背景に福岡市街の街並が入ってくるのが良いね。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

羽田では滅多に見れない、さくらジンベエ。福岡空港の国内線展望デッキは、RWY16エンドの東側にあり、建物の構造上RWY32側は全然見渡せません。出発のさくらジンベエもRWY16にラインアップする前のところをお尻から撮る形になりました。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

ジンエアーのB737。昨年のゴールデンウィークに福岡に来た時はB777だったけど、閑散期はB737なのかな。福岡空港の国内線展望デッキは午後は逆光になります。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。スターフライヤーのエアバスA320。曇りがちの白っぽい空にブラックボディがよく映える。福岡へ行ったら押さえておきたい飛行機写真。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
他の福岡空港飛行機撮影ポイントを見る

【福岡の飛行機撮影ポイント】グランビュー福岡空港

 福岡の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その4 ホテルグランビュー福岡空港

昨年4月25日にオープンした、福岡のビジネスホテル「ホテルグランビュー福岡空港」。客室から飛行機が見えるホテルとのことで、先日の福岡出張の時に利用してみました。
福岡空港が南風運用の時、RWY16に着陸する飛行機を至近距離で撮影出来ます。
ホテルの外観です。妙に薄っぺらく見えますが、客室は手前側にしか配置されていません。つまり手前側が福岡空港なので、全室空港向きに配置されているということになります。2F以上が客室ですが、低層階はさすがに飛行機をビューするのはきついかもしれません。

【福岡の飛行機撮影ポイント】グランビュー福岡空港

客室から福岡空港の眺め。僕は運良く8Fの部屋に泊まれましたが、週末ということもあってか、ほぼ満室でした。
空港からの距離は徒歩で7〜8分、周囲にはコンビニとか何も無い。目の前にSCっぽいものが見えますが、ホームセンターがメインなので出張で来ている人には用無し。10分ほど歩けばコンビニとかファミレスなど色々あります。

【福岡の飛行機撮影ポイント】グランビュー福岡空港

 ホテルグランビュー福岡空港で撮った飛行機写真 

仕事に出かける前に朝一で撮った飛行機。ベトナム航空のエアバスA320。時刻は7時14分。1月下旬ということもあり、空はまだ薄暗い。まだ灯が残る福岡市街を背景に撮る飛行機写真。美しい。。

【福岡の飛行機撮影ポイント】グランビュー福岡空港

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F5.0・1/500秒・ISO25600

7時41分、だいぶ明るくなってきたところに降りてきたシンガポール航空のB787-10。国内で見れる貴重なB787-10です。衝突防止灯の赤い光がキレイに入りました。

【福岡の飛行機撮影ポイント】グランビュー福岡空港

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/640秒・ISO2500

タイのエアバスA330。福岡に来る海外勢、大物は朝一着が多い。海外勢の着陸を狙うのには最高の場所ですね。起きてすぐ撮れる。

【福岡の飛行機撮影ポイント】グランビュー福岡空港

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/640秒・ISO1600

JALのエアバスA350が降りてきました。JA05XJ、5号機ですね。JAL エアバスA350 5号機の写真を撮ったのは福岡が初!

【福岡の飛行機撮影ポイント】グランビュー福岡空港

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/640秒・ISO500

スカイマークのタイガースジェット。プッシュバックが終わって、トーイングカーから切り離されたところです。

【福岡の飛行機撮影ポイント】グランビュー福岡空港

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/640秒・ISO1250

次々と福岡空港のRWY16に降りてくる飛行機。飛行機の背景に入ってくる福岡市街の風景は、アクシオン福岡で撮るのとは雰囲気が異なります。ホテルグランビュー福岡空港の方が市街地までの距離が少し近いので、建物がクッキリ写り込んでくるような気がします。

【福岡の飛行機撮影ポイント】グランビュー福岡空港

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

福岡空港内の周回道路をフレーミングした、スカイマークのファイターズジェット。ホテルグランビュー福岡空港の客室内から撮る飛行機写真、難点はギリギリまで飛行機が見えないこと。誰にも気を使わず、無線もイヤフォン無しで聞きながら飛行機写真が撮れる。

【福岡の飛行機撮影ポイント】グランビュー福岡空港

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1000

最後の写真。JAL エアバスA350 2号機。JALの羽田/福岡線に入るエアバスA350の多さを実感。この日1日で5号機、2号機だけでなく、1号機や4号機(6代目嵐JET)も見ました、というか撮りました。福岡は良いとこだ。。

【福岡の飛行機撮影ポイント】グランビュー福岡空港

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO800

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

他の福岡空港飛行機撮影ポイントを見る

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

 徳島の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

徳島空港へ遠征して来ました!徳島空港の滑走路はRWY29/RWY11ですが、RWY11エンド側は自衛隊駐屯地が隣接していたり、高い防音壁があったりで飛行機写真を撮れるような場所は全くありません。全体的に見ても撮影ポイントが限られる空港との事前情報でしたが、実際のところはどうでしょうか。ご覧頂けましたら幸いです。

 月見ヶ丘海浜公園 

まずは外周ポイント定番の月見ヶ丘海浜公園に行きました。RWY29エンド南側にある広大な公園です。車でのアクセスは大きな看板が出ているので迷うことはありません。飛行機写真の撮影ポイントは地図の左上の先っちょあたりになります。駐車場からは徒歩7〜8分です。RWY29にランディングする飛行機の写真を海を絡めて撮れます。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

美しい公園です。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

ANA エアバスA320が降りてきました。ちょっと光の当たりが不十分。一応飛行機本体には光が当たっていますが、テトラポットの下半分には当たって無いですね。空は晴れているのに、どうしたもんか、飛行機が来る時だけ雲がメチャクチャ出て来る。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

飛行機に一番光が当たったJAL B737。これも海への光の当たりが今ひとつ。着陸機が来るタイミングで一日中月見ヶ丘に行っては移動、また戻って来てを繰り返していましたが、ずっとこんな感じ。相性悪いのかな。。こんなこともあるけど。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

撮影場所はこんな感じ。波が高い時はちょっと怖そう。。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

 徳島空港の他の外周ポイント 

さて、徳島空港の外周で飛行機の離陸を撮れる場所を探してみました。探してみたら、意外とあっさり見つかりました。空港の方から月見ヶ丘海浜公園方面へ向かい、月見ヶ丘海浜公園入口を直進、すぐ先のT字路を右折します。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

しばらく道なりに進み、自衛隊のフェンス手前を右折します。2本の電柱の間あたりです。この道路は奥の自衛隊フェンスの手前で90度左にカーブしますが、その直前です。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

突き当たりまで進みます。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

徳島空港のフェンスです。三段以上の脚立があれば、フェンスをクリアーして飛行機写真を撮ることが出来ます。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

左側は道が細いので、飛行機写真を撮るのは厳しいかもしれません。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

目の前に滑走路。良い場所を見つけました。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

RWY29からテイクオフしたJAL B767。いきなりメチャクチャいいのが撮れました。月見ヶ丘よりこっちの方が良いです。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

ちょっとフェンスから離れてみました。こういうのも好きだな。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

徳島空港の管制塔を絡めてみました。徳島空港の管制塔は珍しくターミナルの滑走路反対側にあるので、こういう構図になりました。飛行機の手前に管制塔を入れると、管制塔がメッチャデカく写る。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

 徳島空港ターミナル 

最後はターミナルです。ビルの中に入ると正面に飛行機が見える。珍しい。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

ガラス越しになってしまいますが、なかなか撮れない角度から飛行機写真が撮れる。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO800

上階への階段の途中で撮りました。チェックインしてなくても超目の前で飛行機を見れる空港も珍しいよね。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/125秒・ISO400

3階奥にある展望ホール。展望ホールは完全ガラス張り。写真を撮ろうとすると後ろ側の窓枠がことごとく写り込んできます、最悪。。ということで、徳島空港の展望ホールで撮った飛行機写真はありません。以上、徳島空港遠征記でした。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

 神戸の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

海上に浮かぶ神戸空港。神戸市の中心部からの距離がさほど無く、アクセスしやすいこの空港。飛行機のトラフィックは多くはありませんが、訪れてみると実に素晴らしい飛行機写真撮影ポイントでした。

 神戸空港の飛行機写真撮影ポイント 

神戸空港は車でのアクセスの場合、連絡橋を渡りますがこれが有料ではない。良心的です。飛行機写真は、海上空港のため必然的にターミナル内での撮影が中心になります。早速ターミナルに入ると、メッチャきれい。どことなくオシャレな感じもします。さすが神戸。。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

神戸空港の展望デッキはターミナルビルの4Fにあります。3Fの展望デッキ入口からアクセスします。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

この階段を登れば展望デッキです。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

コンパクトなスペースですが、小綺麗でオシャレなスペースですね。平日だったので、人もまばらです。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

フェンスには一応カメラレンズを差し込める穴がありますが、メチャクチャ小さいです。大口径レンズは不可。どこに穴があるのかすぐにはわからないほど小さいです。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

展望デッキの東側に白いオシャレな建物があります。フェンスの穴を使っての飛行機写真撮影は無理だと分かったので、この建物の階段から撮ることにしました。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

ここなら余裕でフェンスをクリアー出来ます。幸いにも僕が神戸空港を訪れた時は全然人が来なかったので、人通りを気にせず飛行機写真を撮れましたが、建物の上はレストランなので、時間帯によっては撮影は厳しいかもしれません。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

この場所以外にもターミナル3Fには全面ガラス張りですが、駐機する飛行機を目の前で見れる場所があります。また、ターミナルの外に出てRWY09エンドまで行けば、神戸空港島西緑地で美しい砂浜を絡めて飛行機写真が撮れます。西緑地は車で行けます。立て付けの悪いドア付きのトイレもあります。いずれの場所も滑走路北側になり、終日逆光です。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

 神戸空港で撮った飛行機写真 

RWY09からテイクオフしたソラシドのB737。青い海とタンカー、遠くにうっすらと見える山。これぞ神戸!良いね。RWY27からのテイクオフだとエアボーンの瞬間は恐らく後追いになりそうです。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1250

駐機中のスカイマークのB737。距離感、角度ともに良好です。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO400

ちょうど正面で真横を向いたANA エアバスA320。逆光で程よく機首付近にハイライトが出来ています。風がメッチャ強かったな。強風を波が物語っています。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1000

エプロンエリアに入ってきたスカイマークのB737。逆光で出来た2か所のハイライトが美し過ぎる。背景の海もこれでもか!と言うくらい輝いています。この飛行機写真は、展望デッキではなくターミナルビル3Fのガラス越しに撮りました。展望デッキではなく、3Fだからこそ撮れた飛行機写真だと思います。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。神戸空港島西緑地で撮った、海と砂浜を眼下にRWY09に降りてくるスカイマークのファイターズジェット。雲が多めの飛行機写真になってしまいましたが、何とか太陽光が飛行機に当たってくれました。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難う御座います。それでは、また!!

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

 高松の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その6 さぬき空港公園

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

高松空港の西側一帯に大きく広がるさぬき空港公園。主にRWY26からテイクオフする飛行機やRWY08にランディングする飛行機を撮影できます。園内は〜ゾーンや〜広場というテーマ別のエリアが多数存在しますが、そのうち飛行機写真を撮れるのはアドベンチャーゾーンと体験広場の2カ所です。それぞれの場所及びそこで撮影した飛行機写真をご紹介します。

 高松 さぬき空港公園アドベンチャーゾーンはこんな場所 

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

上の地図に記したとおり、アドベンチャーゾーンは高松空港RWY08エンド付近の北側にあります。ターミナルからだとかなり距離あります。駐車場、トイレは勿論あります。下の写真の下の方が駐車場で左の一番上が展望広場です。駐車場から展望広場までは5分以上歩きます。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

アドベンチャーゾーンの展望広場はこんな感じです。終日逆光、三段以上の脚立要です。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

RWY08側の眺め。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

展望広場から駐車場の方を24mmで撮ってみました。遠いでしょ。。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

RWY26側の眺め。木の枝が邪魔になってしまうので、RWY26上がりのエアボーンの瞬間を捉えるのは難しい。勿論機体が浮き上がるタイミングによります。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

 さぬき空港公園アドベンチャーゾーンで撮った飛行機写真 

RWY26にランディング、RWY08エンドから折り返してきたスプリングエアーのエアバスA320。これは脚立無しでもいけるショットです。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

チャイナエアのB737。この飛行機だけはエアボーンの瞬間が撮れました。ちょっとゆっくり目に浮き上がってくれたので。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

JAL B767。国内線はこのくらいの高さが普通です。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

 高松 さぬき空港公園体験ゾーンはこんな場所 

体験ゾーンは高松空港RWY08エンド付近の南側にあります。さぬきこどもの国の先の道路が細くなったあたりです。駐車場はありますが、トイレはありません。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

体験ゾーン入口付近からの眺め。奥が小高い丘になっていて、その上から飛行機写真が撮れます。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

丘の上はこんな感じです。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

 高松 さぬき空港公園体験ゾーンで撮った飛行機写真 

RWY26からテイクオフした香港エクスプレスのエアバスA320。体験ゾーンは、高松空港の滑走路南側に位置するので、終日順光で飛行機写真が撮れます。高松空港の管制塔を絡めて、かなり良い感じです。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/640秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

高松の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その5 高山航空公園

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO640

高松空港の滑走路を西側の超遠距離から一望でき、RWY26からテイクオフ、あるいはRWY08へランディングする飛行機写真を狙える高山航空公園へ行ってきました。天候は今一つでしたが、超望遠レンズでRWY26からのテイクオフを捉えましたよ!

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

 高松 高山航空公園はこんな場所 

地図でもお分かり頂けると思いますが、高山航空公園は高松空港外周の飛行機撮影ポイントの一つなのでしょうが、メチャクチャ遠い。RWY08エンドからの道のりは約7km。山道をひたすら走りようやく辿り着きました。写真は高山航空公園の入口で、一番奥に飛行機展望広場があります。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

高山航空公園の園内には戦闘機を始め、いくつかの飛行機やヘリコプターが展示されています。手を触れることはできませんが、さすが航空公園!良いですね。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

高山航空公園の展望広場からの高松空港の眺め。標準レンズで撮るとこの距離感です。遠い。。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

 高松 高山航空公園で撮った飛行機写真 

高松空港のRWY26にラインアップするANA エアバスA320。距離があるのでメラメラが兎に角凄い。旧型のEF600mmに2.0×のエクステンダーを装着し1200mmで狙いました。1200mのノートリでこの距離感です。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO500

ANA エアバスA320のエアボーン。高山航空公園のこの距離で見ると、高松空港の滑走路がメチャクチャ起伏があるのがよくわかります。さぬきこどもの国とか、滑走路を間近で見るとこの起伏は全然わかりません。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO400

こちらはジェットスターのエアバスA320。こういうシーンには、オレンジのお腹の飛行機がよく映えます。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO500

飛行機がここまで上がってきても、まだこの距離感。ジェットブラストが後方の山にかかり、印象的な飛行機写真になりました。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!