さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!


 シャーメンのB787がまさかの。。

成田市三里塚さくらの丘で捉えた飛行機は、RWY16Rをテイクオフしたシャーメンエアー(厦門航空)のB787。思っていたよりだいぶ低いです。まさかのシャーメンエアー(厦門航空)のB787、成田の管制塔絡みショット。想定外の出来事にテンションが上がった飛行機写真。

さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

成田線に入るB787では断トツのエアボーンの早さ、シャーメンエアー(厦門航空)のB787。前後して撮ったJALのA350(テストフライトで成田に来ていた1号機)のエアボーンがかなり早かったのですが、同じくらいの早さを想像していただけに意外。結果的にはGood。

さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 シャーメンか厦門か 

検索サイトで「シャーメン」で検索するとほとんど記事が出てこないことに最近気づきました。シャーメンだと上の方に出てくるのは僕の記事ばかり。「厦門」で検索するのが大半のようですね。コールサインも「シャーメンエアー」ですが、意外と皆さん読めない「厦門」でいくのね。。

さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

さくらの丘正面あたりでギア格納完了したシャーメンエアー(厦門航空)のB787。ギア格納のタイミングは、直前に撮ったベトナム航空のA350と同じくらい。高度はシャーメンエアー(厦門航空)のB787の方が全然低い!

さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 成田線のB787 

成田で飛行機を撮っていて、誰かが「厦門」と言ってるのを聞いたことが無い。「シャーメン」と言っているのはチョイチョイ聞きますけど。調べれば調べるほど厦門なのね。中国語の発音はシャーメンですが、厦門は閩南語だそうで。これも読めない。「びんなんご」だそうです。

さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。さくらの丘展望広場で見るシャーメンエアー(厦門航空)B787の後ろ姿。翼がしなってますね。KLMやエバーも成田線にB787を投入しました。もっともっと海外勢エアラインのB787投入が増えて欲しいですね。。

さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・三里塚さくらの丘
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください