ノックスクートB777を東峰トンネル前で


 東峰地区での選択@成田 

成田市東峰地区。成田空港RWY34RエンドでノックスクートのB777を狙う。僕がこの時選んだ撮影ポイントは、東峰トンネル入口前。飛行機の機体上部が白飛びしそうなくらいの、強烈な日差しを浴びた飛行機写真になりました。

ノックスクートB777を東峰トンネル前で

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

時間帯的に滑走路の東側か西側か、どっちで飛行機写真を撮るか悩ましいノックスクートのB777が成田に到着するタイミング。前回RWY34RエンドでノックスクートのB777を撮った時は、東側の東峰神社前を選んだので、今回は西側の東峰トンネル入口前を選びました。

ノックスクートB777を東峰トンネル前で

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

 ノックスクートの顔 

ノックスクートのB777については、東峰トンネル入口前の選択が正解かな。まだ完全な順光にはなってませんが、飛行機の下部付近まで太陽の光が回っていました。ノックスクート B777の顔は少し影になりましたが、全然OKな飛行機写真。

ノックスクートB777を東峰トンネル前で

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

東峰トンネル入口前で撮る飛行機写真は、大きく左にカーブする道路がフレームインしてくるのが魅力。この日は青空のグラデーションがキレイでした。ノックスクート B777の主翼は奇跡的に先端がギりでフレームイン。道路をこれだけ大きくフレームインさせながら、B777級の飛行機全体を写真の中に入れたのは我ながら見事。

ノックスクートB777を東峰トンネル前で

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

 東峰トンネル入口前の難点 

誰もいない東峰トンネル入口前。東峰神社前は10人くらいいましたが、コッチには全然来ません。すぐ横を頻繁に車が通るので注意が必要ですが、飛行機写真撮影ポイントとしては、結構良いと思いますよ!望遠レンズが要らないくらい近くを飛行機が通ります!

ノックスクートB777を東峰トンネル前で

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後の写真。あっと言う間に飛行機が行ってしまうのが、東峰トンネル入口前の難点。成田はそういう飛行機写真撮影ポイントが何ヵ所かあります。ノックスクート B777も当然あっという間に飛び去っていきました。感覚を掴めれば、上手いことフレーミング出来るようになってくる。

ノックスクートB777を東峰トンネル前で

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・東峰トンネル
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください