成田 さくらの山 シンガポール航空 ボーイング 777-312/ER

さくらの山にてシンガポール航空のスタアラ


 第一ターミナルを背景に連写したスタアラ! 

成田空港のRWY34L(Runway 34[Three Four]Left)からテイクオフするシンガポール航空のボーイング777-312/ER(トリプルセブン)をさくらの山にて撮影しました。第一ターミナルを背景に連写したところ。
この写真の撮影ポイント・・・さくらの山

成田 さくらの山 シンガポール航空 ボーイング 777-312/ER

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO400

 スタアラ塗装がお似合い@シンガポール航空 

スターアライアンスのカラーリングには、シンガポール航空のロゴが一番似合っている気がします。スターアライアンス塗装機は、機体前方の「STAR」の下に航空会社のロゴが入りますが、「SINGAPORE AIRLINES」の文字とシンガポール航空のロゴの組み合わせが一番カッコいいと思います。

成田 さくらの山 シンガポール航空 ボーイング 777-312/ER

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO400

青い空と白い雲を背景に。美しいですね。この角度から見るボーイング777(トリプルセブン)のお尻は本当にカッコいい。

成田 さくらの山 シンガポール航空 ボーイング 777-312/ER

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

 レンズについて/さくらの山 

この写真では、レンズはキヤノン純正のEF 100-400mm F4.5-5.6L IS II を使いました。成田空港周辺の撮影では、私はEF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMを使うことの方が多いのですが、さくらの山やひこうきの丘ではEF 100-400mm F4.5-5.6L IS II を使うことが多いかもしれません。

1枚目の写真のようなエアボーン直後のシーンを思いっきりズームアップして400mmで撮り、さくらの山あるいはひこうきの丘の上空を通過するシーンではワイド側でドアップの機体を撮影、上空通過後は再びズームアップして機体の後姿を追いかける、みたいな。

EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II メインで撮っている方も多いかもしれませんが、私は70mmから100mmあたりの飛行機撮影にしては比較的ワイドな焦点距離で撮りたい場合が多いので(贅沢にも)EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMとEF 100-400mm F4.5-5.6L IS II をケースバイケースで使い分けています。

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
この写真の撮影ポイント・・・さくらの山

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください