桜と飛行機~さくらの丘に程近い道路歩道脇


 桜の木の間から飛び出す飛行機 

少し雲が多めな4月最初の成田の週末。今年の成田の桜は既に満開。そして成田空港A滑走路から離陸する飛行機写真を狙う。撮影ポイントはさくらの丘に程近い道路の歩道脇。飛行機の高度によっては、桜の木と桜の木の間から飛び出してくる瞬間を捉えることが出来ます。エールフランスのトリプルセブン(B777)。

さくらの丘近くの路上で捉える桜と飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

さらに素晴らしいところから飛び出してきた飛行機は、ANAのB787。桜の木々の上すれすれのラインを滑るような瞬間を捉えることが出来ました。時折自転車が通るので、歩道脇の小さな土手に登り、自転車通行の妨げにならない場所で撮影しています。

さくらの丘近くの路上で捉える桜と飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

 桜の枝と飛行機 

これも良いですね。ガルーダのトリプルセブン(B777)。ANAのB787より僅かに高いですが、こちらの飛行機の方が桜の枝に機体が掛からず、ベストショットになりました。成田空港が南風運用時の桜と飛行機絡みは、さくらの山で到着機を狙うも良し、さくらの丘で出発機を狙うのも良しです。

さくらの丘近くの路上で捉える桜と飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

桜の木の向こうを通り抜け、上昇する飛行機。撮影ポイントは、まだ若い小降りな桜の木が道路沿いに等間隔で植わっている場所。飛行機と桜の木の距離が近くないと、今一つな作品になりますが、アングルも要注意です。

さくらの丘近くの路上で捉える桜と飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

 飛行機の離陸の読み 

ガルーダの3枚目。1枚目のエールフランスと同じポイントです。つまりガルーダの方が早くエアボーンしているので、ベストな桜と飛行機のショットが成立した、ということですね。飛行機写真、特に離陸ショットは本当に読みが難しい。。

さくらの丘近くの路上で捉える桜と飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

最後の写真。本日の飛行機で一番低く飛び出してきた飛行機は、アメリカンのトリプルセブン(B777)。成田の大概のポイントは、やはり低めの飛び出しの大型系狙いが中心。この日この場所では狙いませんでしたが、もっと離陸が遅いシンガポールのB787やSASのA340だと低すぎてその飛行機の姿を見ることさえ出来ないでしょうね。。

さくらの丘近くの路上で捉える桜と飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・三里塚さくらの丘
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください