羽田の国際ターミナルとカンタスのジャンボ


 早朝の羽田にて~カンタスのジャンボ 

シドニーから羽田へ到着直後のカンタスのジャンボ。いつものように国際ターミナル南側の900番台スポットで物静かに駐機する後姿。すぐにNエリア手前のコンパスエリアへ移動してしまうため、早朝5時過ぎ~6時過ぎ頃までしか撮れないショット。

カンタスのジャンボ@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO200

トーイングカーに引っ張られて、コンパスエリアへ移動するカンタスのジャンボ。時間帯的にもろ逆光です。条件的には厳しいですが、コンパスエリア駐機中の時のように照明塔のポールが邪魔になったりせず、色々な角度からカンタスのジャンボを撮れる貴重な時間帯。

カンタスのジャンボ@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO200

 機体とほぼ同じ目線~カンタスのジャンボ 

羽田の国際ターミナルビルをバックに、機体とほぼ同じ目線で撮影したカンタスのジャンボ。飛んでる姿ではないがこういう写真も悪くない。ジャンボのこのアングルは、高さも方角も一番格好良いところです。

カンタスのジャンボ@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO320

目の前を通り過ぎるカンタスのジャンボ。「目の前」と言ってもだいぶ距離あります。EF100-400mmを目いっぱいズームして撮りました。コンパスエリアへ牽引されてくるジャンボはカンタスだけなので、考えてみると貴重な写真ですね。この姿を見れるのはあと2年。。

カンタスのジャンボ@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO320

羽田の管制塔とカンタスのジャンボ。遠近法の影響もありますが、日本一高い羽田の管制塔が大きく見えない。。

カンタスのジャンボ@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO200

 2020年の退役まで@カンタスのジャンボ 

最後の写真は、カンタスのジャンボを左斜め後方からアップ気味で。至近距離から眺めると、やはりだいぶ年季が入った感があります。2020年の退役まで頑張って欲しいです!

カンタスのジャンボ@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・旧整備場地区

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください