大迫力だっ!チャイナエアラインのジャンボ


 ジャンボのランディング 

成田空港RWY34Rへランディングするチャイナエアラインのジャンボ(B747)。至近距離からキヤノンのEF100-40mmを目一杯ズームして捉えました。13時15分成田着、CL100便にアサインされたジャンボ、昨年のクリスマスに撮影した写真です。

大迫力のランディング!チャイナエアラインのジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

チャイナエアラインのジャンボ、大迫力のタイヤスモークをキヤノンの1D-X MkⅡの高速連写で写し止めました。A350アサインが増えてきたチャイナエアラインのCL100便。A350も良いけど、やっぱジャンボは良い。たまーにでも良いので成田へ継続的に来て欲しいところ。。

大迫力のランディング!チャイナエアラインのジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

 手が届きそうな飛行機 

撮影場所は僕が勝手に呼んでいるゴルフ場入口。南風の時は誰もいませんが、北風の時は多ければ10人前後、望遠レンズを持った人が集まってくる。成田では飛行機のランディングを至近距離で撮れるのはココだけ。天気が良ければ、場所取りも熾烈になります。

大迫力のランディング!チャイナエアラインのジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

B滑走路奥から戻ってきたチャイナエアラインのジャンボ。タキシーウェイはこちらから見ると滑走路より手前になるので、距離感はさらに近くなります。まさに手を延ばせば届きそうな飛行機。望遠レンズですが、ワイド端での撮影となります。

大迫力のランディング!チャイナエアラインのジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

 成田とジャンボ 

飛行機のこんな横顔ドアップもOK。パイロットが手を振ってくれそうな距離感ですが、こちらから手を振らないと、向こうからは振ってくれないと思います。2mの脚立から高ーいフェンス越しに望遠レンズを構えていると、手を振れる人なんていません、ということ。。

大迫力のランディング!チャイナエアラインのジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

最後の写真。こうやって見るとやはりデカいジャンボ。今年に入ってからも数回ジャンボアサインがあったようですが、なかなかタイミングが合わず。この時も狙ったわけではなく偶然の遭遇。成田は足繁く通えば色々な飛行機との出会いがあります。

大迫力のランディング!チャイナエアラインのジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・ゴルフ場入口
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください