ジャンボが成田の管制塔前を通過するド迫力


 奥の細道@成田 

週末の午前10時30分過ぎ、久しぶりに成田・奥の細道へ。第一ターミナル展望デッキからさくらの山へ移動する途中、思い付きでふらっと立ち寄った奥の細道。やって来た飛行機は、ポーラーのジャンボ(B747)。良い感じに低く突っ込んできましたね。

ポーラーのジャンボが成田の管制塔前を通過するド迫力ショット

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

この時奥の細道で撮った飛行機は、このポーラーのジャンボ(B747)のみ。成田の展望デッキから見たら、飛行機がこのあたりに来るとちょうど芝に「NARITA」の文字を型どったヤツの前を通過しているはずです。

ポーラーのジャンボが成田の管制塔前を通過するド迫力ショット

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO250

 ポーラーのジャンボと管制塔 

低いですね、ポーラーのジャンボ(B747)。成田の管制塔前へ一直線で向かっていきます。最近奥の細道は、規制が厳しくなってきているのでしょうか。あまり人を見かけませんね。この時も僕以外誰も来ず。個人的にはちょっと行きづらいかなと、いう気がします。。

ポーラーのジャンボが成田の管制塔前を通過するド迫力ショット

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO200

一発勝負で何と、ものの見事に成田の管制塔に最短距離で絡んだポーラーのジャンボ(B747)。奇跡ですね。半日いても飛行機が管制塔と全然絡まないこともザラな、奥の細道での撮影ですが、こんなこともあります。。

ポーラーのジャンボが成田の管制塔前を通過するド迫力ショット

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO200

 奥の細道の魅力 

メインギアが成田の管制塔をギリギリ掠めないところで通過した、ポーラーのジャンボ(B747)。この飛行機のド迫力はどうでしょう。これが奥の細道の魅力。しばらく足が遠退きそうですが、良いもの撮れました!

ポーラーのジャンボが成田の管制塔前を通過するド迫力ショット

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO200

最後の写真。奥の細道で、いつもどおり成田の滑走路脇の森影へ消えていく飛行機。背景の空の青さが心地よい。これが奥の細道で撮った最後の飛行機にならないことを願いたいと思いますが、どうなることやら。。

ポーラーのジャンボが成田の管制塔前を通過するド迫力ショット

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・奥の細道
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください