【帯広の飛行機撮影ポイント】RWY35エンド


 帯広の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その6 RWY35エンド

【帯広の飛行機撮影ポイント】RWY35エンド

CANON EOS R5・RF24-105mm F4L IS USM・F8.0・1/1000秒・ISO400

帯広空港のRWY35エンドは、誘導灯を横切る道路周辺から着陸直前の飛行機を狙えるポイントです。滑走路の西側は立ち入り禁止エリアになっています。

 帯広空港 RWY35エンドはこんなところ 

【帯広の飛行機撮影ポイント】RWY35エンド

空港ターミナルから現地へのアクセスは駐車場を出て最初の十字路を左折、時計と反対周りに道なりに進みます。

【帯広の飛行機撮影ポイント】RWY35エンド

だいぶ先まで進みますが、最初の十字路を左折します。

【帯広の飛行機撮影ポイント】RWY35エンド

この道をひたすら進めばやがて帯広空港のRWY35の誘導灯が見えてきます。

【帯広の飛行機撮影ポイント】RWY35エンド

帯広空港のRWY35エンドに着きました。

【帯広の飛行機撮影ポイント】RWY35エンド

反対側はこんな感じです。

【帯広の飛行機撮影ポイント】RWY35エンド

 帯広空港 RWY35エンドで撮った飛行機写真 

標準レンズで飛行機を3分割構図の右上にフレーミング、下に道路を入れて、僕の好きなパターンで撮ってみました。

【帯広の飛行機撮影ポイント】RWY35エンド

CANON EOS R5・RF24-105mm F4L IS USM・F8.0・1/1000秒・ISO640

後追いショットはうって変わって草っ原が入ります。これもいいですね。

【帯広の飛行機撮影ポイント】RWY35エンド

CANON EOS R5・RF24-105mm F4L IS USM・F8.0・1/1000秒・ISO640

誘導灯から少し離れると白樺の木々と長い直線道路をフレーミングした北海道っぽい飛行機写真も。これもいいですね。

【帯広の飛行機撮影ポイント】RWY35エンド

CANON EOS R5・RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM・F8.0・1/1000秒・ISO2500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください