【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ


 福岡の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その5 国内線展望デッキ

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

僕が福岡空港の国内線ターミナル展望デッキを訪れた時は、改修工事中で立ち入れるエリアは恐らく通常の半分程度で、そのためかかなり混み合っている状況でした。フェンス際に入り込めるスペースがほとんど無い。。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

フェンス手前はこんな感じ。ワイヤーが写り込まないように、レンズをワイヤーにくっつけて飛行機写真を撮りたいのですが、それも厳しい。場所によっては出来そうですが、そういうポジションは限られるし全然空かない。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線送迎デッキ

厳しいね。標準レンズだと思いっきりワイヤーが映り込みます。これは皆さんが飛行機を見ている後ろの方から400mm固定で撮るしかないかな、と思いました。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線送迎デッキ

 福岡空港 国内線展望デッキで撮った飛行機写真 

距離感的に400mmだと、小型機メインで狙うことになります。B787クラスだとこのアングルでは完全にはみでます。福岡空港の国内線展望デッキは、飛行機写真の背景に福岡市街の街並が入ってくるのが良いね。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

羽田では滅多に見れない、さくらジンベエ。福岡空港の国内線展望デッキは、RWY16エンドの東側にあり、建物の構造上RWY32側は全然見渡せません。出発のさくらジンベエもRWY16にラインアップする前のところをお尻から撮る形になりました。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

ジンエアーのB737。昨年のゴールデンウィークに福岡に来た時はB777だったけど、閑散期はB737なのかな。福岡空港の国内線展望デッキは午後は逆光になります。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。スターフライヤーのエアバスA320。曇りがちの白っぽい空にブラックボディがよく映える。福岡へ行ったら押さえておきたい飛行機写真。

【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
他の福岡空港飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

1 thought on “【福岡の飛行機撮影ポイント】国内線展望デッキ

  1. ピンバック: プロペラ機の流しを福岡の街並みと! | MGT Greenjet 飛行機撮影記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください