【福岡の飛行機撮影ポイント】RWY16エンド


 福岡の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その3 RWY16エンド

【福岡の飛行機撮影ポイント】RWY16エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 福岡空港RWY16エンドのお奨め時間帯など 

福岡空港RWY16エンドは、空港通りから程近い空港フェンス沿いの道路の歩道から離発着する飛行機を撮影出来るポイントです。場所を移動すれば午前でも午後でも順光で撮影出来ますが、飛行ルートの東側が順光となる午前は良いポジションがあまりないかもしれません。お奨めは飛行ルートの西側が順光となる午後です。

 福岡空港RWY16エンドの場所 

車は空港通り反対側、大井中央公園横のショッピングモールみたいなところに大きな駐車場があります。撮影ポイントからは少し歩きますが、こちらに駐車するのがベストかと思います。トイレもありますよ。

【福岡の飛行機撮影ポイント】RWY16エンド

 福岡空港RWY16エンドはこんな場所です 

空港通りを国内線ターミナルから半時計回りに進み、一方通行のY時路を左に入ると空港フェンス沿いの一本道になっています。路駐が多いのですが、長時間の駐車は難しいと思います。この左奥にさらにもう一つ同じようなフェンスが張り巡らされています。

【福岡の飛行機撮影ポイント】RWY16エンド

これが奥側のフェンス。僕が福岡を訪れた時は北風運用だったので、RWY16エンドでは離陸機狙いになりました。南風の着陸狙いの方が俄然良さげに思います。

【福岡の飛行機撮影ポイント】RWY16エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

フェンスの上に顔を出したコリアンエアーのB787。三段の脚立に乗って撮りました。この歩道は自転車の通行も多く脚立はちょっと邪魔。早々に移動しました。

【福岡の飛行機撮影ポイント】RWY16エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

飛行ルートに程近いポイントからさらに半時計回りに進むと、左カーブがあり少し歩道が広くなります。ここなら自転車の邪魔にはならないかな。でも大敵のフェンスがさらに障害になります。。

【福岡の飛行機撮影ポイント】RWY16エンド

キャセイドラゴンのA330を捉えました。エアボーンしてくる飛行機は、機首が見えるまでどのあたりから出てくるか全くわかりません。予想がつくくらい馴れるまで少し時間を要しました。

【福岡の飛行機撮影ポイント】RWY16エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

ピーチのA320。小型機もこの距離感、迫力で撮れます。北風運用の時はほとんど人いませんね。次に福岡に行く機会があれば、南風の着陸を狙いたいところです。RWY16側で離陸を撮れそうなポイントをグルっと回って探しましたが、ココ以上に良さげなポイントは見つからずでした。

【福岡の飛行機撮影ポイント】RWY16エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

福岡空港RWY16エンドの飛行機写真撮影ポイントご紹介記事はいかがでしたか。

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください