ピーチのA320とピンクグラデーションの夕陽!


 薄ピンクの夕陽が美しい 

関空で丸一日飛行機の写真を撮りまくった、ゴールデンウィークの夕刻。大阪湾対岸の山の向こうにグラデーションの掛かった夕陽が沈みかけていました。3分割構図の右上に太陽、左下に大阪湾を南下するタンカーを配して、薄ピンクに染まった夕陽を写し止めました。こういう夕陽も美しい、良いね!

関空の夕陽と飛行機

EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F8・1/500秒・ISO1000

撮影場所は、関空の展望ホール/エントランスホールの5Fスカイデッキ。写真下部に写りこんだ陸地は関空のB滑走路。撮影時刻は、18時40分。対岸の山々は方角的に神戸近辺と思われます。(あまりこの辺の地理に明るくありません。。)夕陽が沈む前に飛行機来ないかなと、待ち続けました。

 漸くRWY24Rへ降りてきたピーチのA320 

さて、1枚目の写真から待つこと5分。漸くRWY24Rへ降りてきたのはピーチのエアバスA320。既に夕陽は、山頂に掛かり始めていました。周囲の街灯は既に明かりが灯り始め、展望ホールで飛行機を撮影していた多くのカメラマンの方々が引き上げ始めていました。
ほぼ日が没しかけた、半暗がりのRWY24Rに地味にタイヤスモークを上げてランディングしたピーチのエアバスA320。夕陽の薄ピンクのグラデーションは、ココに来てほぼ均一カラーになりました。ピーチのエアバスA320はこのまま第二ターミナルへ向かいます。
この2枚目の写真は、1枚目の写真と同様に3分割構図ですが、今度は太陽を左上に、飛行機を右下に配した構図にしてみました。

関空の夕陽と飛行機

EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F8・1/500秒・ISO1250

 ピーチのA320と薄ピンクの夕陽、良いね!

この日夕陽と絡めた飛行機を撮れたのは、結局このピーチのエアバスA320のみで終わりました。太陽の動きは意外と早い!
薄ピンクの夕陽が沈む瞬間に、ピンクのボディを纏った飛行機、ピーチのエアバスA320が唯一来てくれたのは、何か良かったかな。。ピーチの飛行機だからこそ、より締まった写真になったかもしれません。良いね!
写真の右下をよく見ると、まだタイヤスモークが滑走路上に残っています。ほぼ無風だったこの日は、タイヤスモークが暫く残り、より哀愁感が漂う飛行機写真になったような気がします。

関空の夕陽と飛行機

EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F8・1/500秒・ISO1250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください