ルフトハンザのA350@新塗装バージョン


 メッチャ格好良い!A350の新塗装機 

7月の3連休初日の羽田にて。第一ターミナル展望デッキから、タイ国際航空のジャンボを狙っていた午前11時少し前。目の前を横切った、やたらと格好良い機材。これは何と!ルフトハンザのエアバスA350の新塗装バージョン!!メッチャ格好良いではないですか!
この写真の撮影ポイント・・・第一ターミナル展望デッキ

ルフトハンザのA350@新塗装

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

 メルセデス・ベンツっぽいルフトハンザ 

羽田のRWY34Lへラインアップした、ルフトハンザのエアバスA350の新塗装機。メルセデス・ベンツっぽい。。と思ったのは私だけでしょうか。ルフトハンザのロゴも、何となくメルセデス・ベンツに似ているような。白抜きになったからかな。。
これ以降の写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ

ルフトハンザのA350@新塗装

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

ルフトハンザのLH714便/LH715便は、当面エアバスA350がアサインされています。2019年7月9日から10月27日までの期間は、エアバスA340になっています。退役かと思っていた4発機が、また来るそうです。

ルフトハンザのA350@新塗装

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

 洗練されたルフトハンザ 

羽田のD滑走路の誘導灯をバックに、エアボーン直後のルフトハンザのエアバスA350。新塗装の垂直尾翼は、ぱっと見「ブラック!」と思うほどの「濃紺」。旧塗装よりも濃い色なのだろうか。白い塗装部分が新塗装の方がピュアなホワイトになっているように見えるので、より濃紺になっているように感じるのかもしれません。単に塗装が新しいからピュアホワイトに見えるだけなのだろうか。デザイン的にはだいぶ洗練されたイメージになりました。

ルフトハンザのA350@新塗装

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

照明灯のポールとポールの間、視界クリアーになった瞬間をすかさず捉えたルフトハンザのエアバスA350。展望デッキからの撮影の大敵。結構な集中力が要ります。

ルフトハンザのA350@新塗装

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

最後の写真。思いきって左翼をカットして、構図全体のバランスを取りました。ミュンヘンまで約11時間のフライトへ旅立つルフトハンザのエアバスA350。

ルフトハンザのA350@新塗装

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください