大韓航空のジャンボジェット向きベスト撮影ポイント@成田


 奥の細道で捉えた大韓航空のジャンボ 

大韓航空のKE703便/KE704便(仁川/成田線)がジャンボジェット(ボーイング747-4B5)で運航されていますね。当初は11月末までとなっていたようですが、12月19日までジャンボジェット(ボーイング747-4B5)が来そうです。11月に何度か成田空港近辺へ通って撮った写真をご紹介します。
この写真の撮影ポイント・・・奥の細道

大韓航空のジャンボジェット(ボーイング747)

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F8・1/800秒・ISO800

奥の細道で撮ったカット。成田空港のRWY34L(Runway 34[Three Four]Left)からのテイクオフですが、大韓航空のジャンボジェット(ボーイング747)はエアボーンが超早いので、上昇飛行中の機体を良い感じの角度で捕らえられるのはココしかない!

大韓航空のジャンボジェット(ボーイング747)

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F8・1/800秒・ISO800

成田空港のランウェイエンド付近にある、さくらの山やひこうきの丘だとお腹しか見えない状態になってしまう。撮影ポイントの選択肢としては、奥の細道がベストですね。

大韓航空のジャンボジェット(ボーイング747)

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F8・1/800秒・ISO500

 さくらの山で撮る大韓航空のジャンボ 

次の写真は、成田空港のRWY16R(Runway 16[one six]Right)へランディング直前のシーンをさくらの山から捕らえたショット。背景のマロウドホテル成田の建物の写り方が、よくありそうなさくらの山で撮った写真とちょっと違うのがお分かり頂けるでしょうか。さくらの山の展望広場?(という名称かわかりませんが、皆が白いフェンス越しに写真を撮る場所)から撮ると、写真の下の方に写っている電柱や成田空港のイカツイフェンスはホテルの建物と丸被りしません。これは、展望広場へ通じる道の入口の低い所から撮っているのでこうなりました。
この写真の撮影ポイント・・・さくらの山

大韓航空のジャンボジェット(ボーイング747)

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

 さくらの丘での大韓航空のジャンボ狙い 

続いては成田空港が南風運用の時にRWY16R(Runway 16[one six]Right)からのテイクオフを三里塚さくらの丘で撮ったショットです。さくらの丘はランウェイエンドからやや管制塔寄りの場所にありますので、ひこうきの丘で撮るよりは全然良いですが、それでも奥の細道で撮った写真より下から煽った感じになります。
この写真の撮影ポイント・・・三里塚さくらの丘

大韓航空のジャンボジェット(ボーイング747)

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

さくらの丘で撮った時が一番天気が良かったのですけどね。まだ12月19日まで何度かチャンスがありますので、12月も成田空港近辺へ通いたいと思います。

大韓航空のジャンボジェット(ボーイング747)

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難う御座います。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください