今年初撮りのハミングバードディパーチャー


 刻一刻と変化、富士山の雲模様 

今年初撮りのハミングバードディパーチャーは、いつもどおりJ-AIRのERJ-190STD。羽田発/南紀白浜行きのJL213便です。年末の時はミニオンジェットがアサインされていましたが、フツウにノーマル塗装機です。今回はだいーぶ低い。。

2019年初のハミングバードディパーチャー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO1250

この時点で、この高度。この日のJ-AIR/JL213便は超満席状態でしょうか。この時富士山上空には全く雲が無い状態でしたが、富士山の斜面周りのところに雲がちらほら。ハミングバードディパーチャー前にココ羽田から富士山が見えなくなるのでは、と危惧したほど。富士山周囲の雲模様は刻一刻と変化していきます。結果的には、なんとかもってくれました。

2019年初のハミングバードディパーチャー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

 富士山に被るクレーン 

富士山の下を潜るJ-AIRのERJ-190STD。こういうハミングバードディパーチャーも「あり」だと思いますけどね。。ちなみに、ザ・ロイヤルパークホテル東京羽田の向こうに見える赤いクレーンが邪魔。昨シーズンは無かったけど。

2019年初のハミングバードディパーチャー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

ハミングバードディパーチャーの富士山と飛行機の、このくらいの位置関係の絡みも良いんじゃない。この赤いクレーンですが、羽田空港第一ターミナル6Fの展望デッキから撮ると、もっと高く富士山手前に被ってきます。仕方が無いので最上階のガリバーズデッキから撮影しました。

2019年初のハミングバードディパーチャー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

 B787とハミングバードディパーチャー 

さて、お次はANAのB787です。羽田発/松山行きのNH583便。いつもどおりメッチャ低い。ハミングバードディパーチャーのB787狙いはもう止めようかな。。と思うほどいつもこんな感じの低さ。一度だけ、羽田空港国際ターミナルビルの屋根のチョイ上くらいの高さで富士山前を通過したことがあったのですが。。

2019年初のハミングバードディパーチャー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

最後の写真。一度でも良いイメージがあると、ほとんど可能性が無くてもついつい期待してしまう。それがハミングバードディパーチャー、かもしれません。ANAのB787には、ハミングバードディパーチャーにアサインされる機材の中で最も大きく、美しいだけに毎回期待してしまう。だから懲りもせず何回も撮りに行ってしまうんですよね。。2019年3月末のハミングバードディパーチャー廃止まで、あと何回行けるのだろうか。。そしてANA/B787のハミングバードディパーチャー納得ショットは撮れるのだろうか。。

2019年初のハミングバードディパーチャー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第一ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください