成田の畑とベトナム航空のエアバスA350


 野球場ポイント@成田 

ターコイズカラーの飛行機が少しずつ大きくなってくる。まだ誰もカメラを構えていない、こんなシーンを撮るのもたまには面白い。森の向こうからアプローチしてくる飛行機。農作業の軽トラもフレームに入れる。成田らしいローカルな飛行機写真が成立する。やっぱ飛行機写真は良い。

成田の畑とベトナム航空のエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO400

さらに飛行機写真にトラクターを絡める。いつの間にか、僕の前にいた男性もベトナムのエアバスA350にレンズを向けていた。そりゃ撮るさ。この格好良い飛行機を撮らない選択肢は無いでしょ。ココ成田、野球場ポイントでは標準ズームレンズで成田らしいローカルな畑を絡めた飛行機写真が成立します。敢えて脇役のトラクターにシグネチャーをかけました。

成田の畑とベトナム航空のエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

 飛行機写真を撮るポジション 

成田の赤い進入誘導灯とベトナムのエアバスA350。このあたり、飛行機写真の一番美味しいアングルです。フレームに入ってくる地上の風景は、同じ成田 野球場ポイントでも、少しポジションが変われば、全然変わってきますよね。ポジションを変えて、同じ飛行機を何度も狙うのも面白いと思います。それも飛行機写真の奥深さ。

成田の畑とベトナム航空のエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

真っ直ぐ延びる畝の向こうにベトナムのエアバスA350。これも成田 野球場ポイントで撮る飛行機写真の中で、僕が好きなカットの一つ。この写真を撮れる場所だと、僕が野球場ポイントで撮れる飛行機写真でもう一つ大好きな、東関東自動車道上空を横切る飛行機写真は撮れません。

成田の畑とベトナム航空のエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。次回成田のBラン側でベトナムのエアバスA350を狙う時は、東関東自動車上空横切りショットを狙うのかな。南風の時ではないと撮れないので、いつのことになるやら。北風が多い季節に南風の成田の飛行機写真でした。

成田の畑とベトナム航空のエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・野球場ポイント
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください