値段張りますが初心者お薦め!DJ-X11A


 分かりやすい、使いやすい~DJ-X11A 

こんにちは。とちのすけです。エアバンド無線受信機の中で2波同時受信出来る高級機、僕の場合はアルインコのDJ-X11Aですが、ユーザーの皆さんはどのように使われているのでしょうか。本日はそんなに特殊なことや、全然高度なことなんぞやっていませんが、僕の使い方を少しご紹介してみたいと思います。レベル的には初心者に毛の生えたようなものだと思ってください。でも、初心者の方にこそ僕はDJ-X11Aをお薦めしたいと思います。ちょっと値段は張りますが、分かりやすいし使いやすいと思います。

 DJ-X11Aのプライオリティ機能 

使い方ですが、メモリーモードで(僕の場合はエアバンドスペシャルなので)プリセットされたメモリーから聞きたい管制をメインバンド、サブバンドそれぞれに設定して単純に2波の受信をしても良いですし、プライオリティ機能を使っても良いと思います。プライオリティ機能は、VFOモードで運用中に、メインで設定したチャンネルとは別のチャンネルの信号の有無を5秒ごとにチェックする機能です。2つのチャンネルを交互に待ち受けて、効率良く受信を行う機能になります。以下にプライオリティ機能の設定方法をご紹介したいと思います。

ステップは3段階あります。
①メモリーチャンネルに予めプライオリティ機能で使用したい周波数を登録しておく
②メモリーチャンネルに名前を付ける
③プライオリティ機能をonにする

今回はDJ-X11のメインバンドの方で成田空港のアプローチ管制をメインで受信し、A滑走路のタワー管制を5秒ごとにチェックする設定を例にご紹介します。DJ-X11のサブバンドはメモリーモードで2波同時受信状態です。

 ステップ①  メモリーチャンネルに予めプライオリティ機能で使用したい周波数を登録しておく

「V/P/M」を何度か押してVFOモードにします。DJ-X11の場合、VFOモードになっている時は画面左上に「VFO」と表示されるため分かりやすいです。VFOモードで周波数を成田空港A滑走路タワー管制の周波数である、118.2MHzに合わせます。

アルインコDJ-X11Aでエアバンド受信

photo by http://greenjet.jp

「FUNCTION」キーを押します。画面左上に「F」と表示されます。

アルインコDJ-X11Aでエアバンド受信

photo by http://greenjet.jp

ダイヤルを回して登録するバンクとメモリーチャンネルを選択します。今回はメインバンドで登録しますので、左側のメインダイヤルを使用します。バンクの種類の変更は下側のダイヤルを、メモリーチャンネルの変更は上側のダイヤルを操作します。先ず下側のダイヤルを回し、「PRIO」を表示させます。次に上側のダイヤルで、今回はメモリーチャンネル「000」に118.2MHzを登録したいと思います。青丸の上の行が「000」になるまでダイヤルを回してください。

アルインコDJ-X11Aでエアバンド受信

photo by http://greenjet.jp

「V/P/M」を押せば登録完了です。登録後は元のVFOモードに戻ります。

アルインコDJ-X11Aでエアバンド受信

photo by http://greenjet.jp

 ステップ②  メモリーチャンネルに名前を付ける

さて、登録したメモリーチャンネルに名前付けたいと思います。DJ-X11Aではメモリーモードで登録したメモリーチャンネルに数字、アルファベット、ひらがな、カタカナ、絵文字をあわせて8文字の名前を付けられます。
「V/P/M」を何度か押してメモリーモードにし、「FUNC」キーを押してディスプレイに「F」を表示させます。

アルインコDJ-X11Aでエアバンド受信

photo by http://greenjet.jp

「NAME/7」キーを押してメモリーネームモードにします。メモリーネームモードになるとディスプレイに「メモリ名の編集と表示されます」

アルインコDJ-X11Aでエアバンド受信

photo by http://greenjet.jp

DJ-X11Aのキーボードを使い、文字を入力します。文字入力は、馴れないと結構戸惑うかもしれません。入力やら間違った時の修正やらは製品マニュアルを見ながら進めて頂くしか無いかもしれませんが、基本的にはガラケーで文字を入力していくようなイメージと同じです。漢字入力は、あまり自由度が無く、成田の成が登録されていなかったため、僕は今回の成田空港のA滑走路のタワー管制であれば、ローマ字で次の写真のように「NARITA-A」としました。

アルインコDJ-X11Aでエアバンド受信

photo by http://greenjet.jp

入力が出来たら、「FUNC」を押すと設定終了です。

アルインコDJ-X11Aでエアバンド受信

photo by http://greenjet.jp

 ステップ③  プライオリティ機能をonにする

プライオリティ機能のonは、VFOモードで成田空港のアプローチ管制の周波数である、124.4MHzになっているところからスタートします。

アルインコDJ-X11Aでエアバンド受信

photo by http://greenjet.jp

「FUNC」キーを押してディスプレイに「F」を表示させます。

アルインコDJ-X11Aでエアバンド受信

photo by http://greenjet.jp

「PRIO/8」を押しながらメインバンドの上側のダイヤルを回し、プライオリティチャンネルを選択します。今回は「000」チャンネルに登録した118.2MHz/NARITA-Aを選択、「PRIO/8」から手を離すとプライオリティ機能が動作します。

アルインコDJ-X11Aでエアバンド受信

photo by http://greenjet.jp

プライオリティ機能をストップさせたい場合は「FUNC」または「F TUNE/SCAN」を押してください。

アルインコDJ-X11Aでエアバンド受信

photo by http://greenjet.jp

以上で設定完了です。一度メモリーチャンネルの登録をしてしまえば、プライオリティ機能をonにするのはステップ③の操作だけなので、非常に簡単です。DJ-X8と比べるとはるかに楽です。DJ-X11AになれるとDJ-X8よりは楽な、IC-R6のプライオリティスキャンの設定でも煩わしく思います。

 2波同時受信のプチ悩み 

ところで、2波同時受信中に2波が同時に入ってきてしまった時は皆さんはどうされています?ぐちゃぐちゃで分けわからん状態になりませんか?そのせいで肝心な交信を聞き逃したりしてしまうような場合もあります。うーんこれはある程度しょうがないか。。僕は、メインバンドとサブバンドの音量を変えることで、この問題を完全ではありませんが解消しようとしています。メインバンドの音量レベルをサブバンドより+2~5程度にすることで、聞き分けしようとしていますが、重なってしまった場合はどうしようも無い。良い方法をご存じの方、教えて下さい。

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください