デルタ航空のボーイング747-451

ひこうきの丘よりデルタ航空のジャンボジェットを狙う


 あと何回撮りに来れるか、デルタのジャンボ 

成田空港周辺の飛行機撮影スポット、ひこうきの丘よりデルタ航空のジャンボジェットを狙いました。デルタ航空のジャンボジェット(DL276便)は、9月末で退役だそうです。あと何回撮りに来れるかわかりませんが、3連休の天気が今一つのようですし、チャンスはあまり無いかもしれません。
この写真の撮影ポイント・・・ひこうきの丘

デルタ航空のボーイング747-451

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO800

この日の成田空港は南風運用、ほぼ定刻どおり16:00過ぎにRWY16R(Runway 16[one six]Right)からテイクオフしていきました。デルタ航空のボーイング747-451は、いつもどおり大型機らしい遅いエアボーンから徐々に高度を上げてくれましたので、成田空港の管制塔に絡むショットが撮れました。

デルタ航空のボーイング747-451

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

美しいですね。それにしてもエンジンから出ている黒い煙は何なのでしょうか?環境に悪そうな。だから退役ということでしょうか。

デルタ航空のボーイング747-451

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

前からも横からも後ろからも美しい。

デルタ航空のボーイング747-451

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO640

最後は、後姿。羽田からデトロイトへ向けて旅立つDAL276便でした。Good Day!

デルタ航空のボーイング747-451

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

 首都圏で撮れるジャンボは。。 

成田空港へ乗り入れるジャンボジェットは、成田ーデトロイト線のデルタ航空のジャンボジェット(ボーイング747-451)とダイナスティ(チャイナエアライン)の成田-台北線のジャンボジェット(ボーイング747-409)が10月末で退役となると、旅客系のレギュラーは消滅します。

羽田空港へ乗り入れるジャンボジェットは、タイ国際航空、ルフトハンザ ドイツ航空、カンタス航空の3社です。コリアンエアー(大韓航空)のジャンボは時折成田へ来ているようですが、気づけば首都圏で旅客系のジャンボをレギュラーで撮れるのは羽田空港のみとなってしまいます。もっとも、羽田空港でまともに撮れるジャンボジェットはルフトハンザのみで、午前中に撮れたタイ国際航空のTG682/683便は、現在はトリプルセブンに変更となっています。

一方で、成田空港は貨物系のジャンボジェットが数多く乗り入れていますので、全体では成田の方が圧倒的にジャンボジェットの乗り入れ数は多いですが。NCA(日本貨物航空)、ポーラーエアカーゴ、カーゴルクス・イタリア、コリアンエアカーゴ、キャセイパシフィックカーゴ、アシアナカーゴ、アトラス、チャイナエアラインカーゴ。。まだあるかな?私が知っている限りでも山ほどいますね。

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
この写真の撮影ポイント・・・ひこうきの丘

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください