チャイナエアラインのエアバスA350


 成田で捉えたチャイナエアラインのA350 

チャイナエアラインのエアバスA350-900を成田で初撮影しました。記事を書いている時に気づきましたが、衝突防止灯の赤い光が入っていました。
この写真の撮影ポイント・・・三里塚さくらの丘

チャイナエアラインのエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

ダイナスティ(チャイナエアライン)のジャンボジェット(ボーイング747)の後継となったCL100/CL101便のエアバスA350-900。三里塚さくらの丘にて、成田空港のRWY16R(Runway 16[one six]Right)からのテイクオフシーン。2枚目の写真の方が1枚目より前のカットです。成田空港が南風運用の時のRWY16R(Runway 16[one six]Right)からテイクオフする飛行機の離陸滑走は、さくらの丘から見えません。エアボーンしてフェンス際から機体がぱっと見えた直後のカットです。1-2枚目は同じような写真ですが、バックの青空が綺麗な1枚目をトップにもってきました。2枚目は、両翼の先端のカーブが綺麗に見えています。

チャイナエアラインのエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO640

 突然のランウェイチェンジにA350撮影断念。。

この写真を撮影した日は、朝から成田空港周辺にいました。勿論、ダイナスティ(チャイナエアライン)のエアバスA350の着陸カットも狙っていましたが、直前のランウェイチェンジで断念。本当は、航空無線をちゃんと聞いていれば、撮影ポイントの移動が間に合ったと思います。終日北風の予報を信じきっていた私の痛恨のミス。(ノ_・。) 余裕をこいて三里塚のセブンでサンドイッチを食べている間にランウェイチェンジしていたようです。同じミスを何度かやらかしていますが、次から食事中もちゃんと無線を聞いときます。

チャイナエアラインのエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO640

 真新しい機体~チャイナエアラインのエアバスA350 

成田空港を予定より約30分遅れで出発した、台北行きダイナスティ(チャイナエアライン)のCL101便。ジャンボジェット(ボーイング747)が退役となり、エアバスA350-900へ機種変更となってまだ数日。真新しい機体が白く輝いていますね。

チャイナエアラインのエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO640

最後の写真は機体後方からのカット。ダイナスティ(チャイナエアライン)の一輪の梅が印象的ですね。

チャイナエアラインのエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO640

最後までお読み頂き有難う御座います。それでは、また!!
この写真の撮影ポイント・・・三里塚さくらの丘

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください