キャセイパシフィックのA350@迫力の離陸!


 ランウェイ手前で待機するキャセイパシフィックのA350 

関空のRWY24L手前で待機するキャセイパシフィック航空のエアバスA350-941。遠く向こう側に写った、出発機を見送って引き上げるマーシャラーの姿が黄昏な感じです。奥にいるコ・パイロットが何か飲んでいますね。この時は何やらランウェイ手前でやたらと長い時間待機となっていました。

キャセイパシフィック航空のエアバスA350@関空

EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F11・1/1000秒・ISO800

関空のRWY24Lへ進入するキャセイパシフィック航空のエアバスA350-941。関空発/台北行き、キャセイパシフィック航空CX565便、撮影時刻は16時半過ぎ。一枚目の写真はド逆光でしたが、Aラン進入直前でヤット順光で撮れました。

キャセイパシフィック航空のエアバスA350@関空

EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F8・1/1000秒・ISO400

 離陸滑走~キャセイパシフィックのA350 

関空のRWY24Lへ進入・待機するキャセイパシフィック航空のエアバスA350-941。この日は終日曇天だったということもありますが、撮影時期的には5月で、さすがに背景の海は結構暗い。明るければ最高のショットになりそうなワンシーンですが、また次の機会に。。

キャセイパシフィック航空のエアバスA350@関空

EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F8・1/1000秒・ISO500

離陸滑走を始めたキャセイパシフィック航空のエアバスA350-941。翼のシナリ方が見る角度により異なって見えるのは、翼が真横ではなく後方に向かってシナッテいるから、かな。。この写真も、かなり極端に左右で異なって見える。

キャセイパシフィック航空のエアバスA350@関空

EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F8・1/1000秒・ISO400

 エアボーンの瞬間@キャセイパシフィックのA350 

キャセイパシフィック航空のエアバスA350-941のエアボーンの瞬間を捉えたショット。後ろからの離陸シーンの迫力はいかがでしょう。。珍しく翼のシナリが左右対照に近いように見える。奥に見えているのは飛行機燃料輸送用タンカーの船着き場のブリッジです。

キャセイパシフィック航空のエアバスA350@関空

EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F8・1/1000秒・ISO500

最後の写真。EF 100-400mmにx1.4のEXTENDERを着けて目一杯ズームで撮りましたが、かなり距離があるので、これ以上シャッターを切るのは止めておきました。

キャセイパシフィック航空のエアバスA350@関空

EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F8・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください