ホワイト&ブルーのB757~C-32@羽田


 C-32発見!離陸を狙ったショット 

羽田空港のRWY16Lへラインアップした、ホワイト&スカイブルーのB757。大きなウィングレット。Flightraderに写らない、普段見かけないこの飛行機はC-32。アメリカの要人輸送機。第二ターミナル東側(ソラシドがいるあたり)に駐機しているのを見つけ、離陸を狙っていました。

羽田で捉えたエア・フォース・ツー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO320

このC-32には誰が乗っているのでしょうか。外務省のホームページに、7月8日/訪日中のマイク・ポンペオ米国国務長官が安倍総理大臣を表敬訪問、という記事がありました。撮影日と一致していますので、恐らくこの方だと思われます。エア・フォース・ツーかと思いましたが、違うようです。

羽田で捉えたエア・フォース・ツー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

 C-32のエアボーン~羽田って楽しい 

エアボーンしたC-32。垂直尾翼には星条旗。「UNITED STATES OF AMERICA」と書かれた機体。B757の軍用機版とのことですが、見た目には商用機と区別できません。6機存在するうちの1機。非常に稀少です!こういう瞬間があるから、羽田って楽しい。

羽田で捉えたエア・フォース・ツー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

C-32とフェリー船。もう少し飛行機と船が離れている(飛行機の高度が高い)方がバランス的には良いと思いますが、まあまあ良いタイミングでC-32とフェリーがすれ違ってくれたショット。青い海と飛行機、そして大型船、この構図は間違いなくGoodショットになります。

羽田で捉えたエア・フォース・ツー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO200

 上昇していくC-32 

対岸の房総半島の火力発電所を背景に、ゆっくりと上昇していくC-32。いつかエア・フォース・ワンを撮る機会あるかな。。

羽田で捉えたエア・フォース・ツー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO200

最後の写真。雨雲っぽい灰色の雲と、白い雲が入り交じった中にぽっかり空いた青空へ突っ込んでいくC-32。風雲急告げるようなショット。。に見えるだろうか。結構気に入っています。

羽田で捉えたエア・フォース・ツー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO160

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください