ブリティッシュエアウェイズのB777とB787


羽田や成田にて撮影したブリティッシュエアウェイズのボーイング777(トリプルセブン)とボーイング787の機体。

 羽田編~ブリティッシュエアウェイズ 

1枚目の写真は、羽田空港の第2ターミナル展望デッキから東京スカイツリー絡みショット。スカイツリーや都心のビル群をバックに羽田空港のRWY34R(Runway 34[Three Four] Right)からテイクオフしたブリティッシュエアウェイズのボーイング777-36N/ER(トリプルセブン)。
この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ

ブリティッシュエアウェイズのボーイング777-36N/ER

CANON EOS 1D-X・EF 200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×・F11・1/1000秒・ISO400

2枚目の写真も羽田空港の第2ターミナル展望デッキから、東京ゲートブリッジ絡みで。羽田空港からロンドン・ヒースロー空港へ12時間40分のフライトです。
この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ

ブリティッシュエアウェイズのボーイング777-36N/ER

CANON EOS 1D-X・EF 200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×・F13・1/1000秒・ISO640

ブリティッシュエアウェイズのシンプルなカラーリングにボーイングトリプルセブンの美しい機体がよくマッチしていますね。
この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ

ブリティッシュエアウェイズのボーイング777-36N/ER

CANON EOS 1D-X・EF 200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×・F13・1/1000秒・ISO640

 成田編~ブリティッシュエアウェイズ 

次の写真は、成田の東峰神社前で撮影したカット。成田空港のRWY34R(Runway 34[Three Four] Right)へランディング直前のブリティッシュエアウェイズのボーイング787-9。逆光気味ですが機体後方の太陽光の反射が良かな。。
この写真の撮影ポイント・・・東峰神社

ブリティッシュエアウェイズのボーイング787-9

CANON EOS 1D-X・EF 24-70mm F2.8L Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO500

次の写真も成田、ゲジポイントにて。成田空港が南風運用の時に撮影した、RWY16R(Runway 16[one six]Right)へラインアップするブリティッシュエアウェイズのボーイング787-9。
この写真の撮影ポイント・・・ゲジポイント

ブリティッシュエアウェイズのボーイング787-9

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO400

最後の写真は、成田の十余三東雲の丘にて。成田空港のRWY16L(Runway 16[one six]Left)へランディングするブリティッシュエアウェイズのボーイング787-9をほぼ真横から。
この写真の撮影ポイント・・・十余三東雲の丘

ブリティッシュエアウェイズのボーイング787-9

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO500

ブリティッシュエアウェイズのコールサインは、スピードバード(=伝書鳩)。かつて、あの超音速旅客機「コンコルド」を飛ばしていたイギリスのフラッグ・キャリア。歴史ある航空会社ですね。

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください