アシアナ航空のエアバスA380@畑ポイント


 超大型機の着陸は格別!アシアナ航空のエアバスA380 

2月中旬に畑ポイントで撮影した、アシアナ航空のエアバスA380-841、OZ102便。ひこうきの丘や岩山の大鉄塔をバックに、成田空港のRWY34Lへランディング直前のショットです。やっぱ超大型機の着陸シーンのショットは格別です。ひこうきの丘の展望広場で飛行機を見上げる人達の姿が写真に哀愁感を醸し出させているように思います。
この写真の撮影ポイント・・・畑ポイント

アシアナ航空のエアバスA380@畑ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO250

仁川発/成田行き、OZ102便の成田着時刻は定刻で11時20分。畑ポイントでの撮影では、時間帯的にまだ完全に順光にはなっていません。機首のあたりに若干影が残っています。この日は陽射しが強く、機体上方に太陽光のハイライトのラインが強く入りました。

アシアナ航空のエアバスA380@畑ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO320

 畑ポイント定番の場所で視界クリアー!エアバスA380 

成田空港の周回道路上空を通過するアシアナ航空のエアバスA380-841。個人的に畑ポイントの定番の場所です。いつもの撮影では道路を走行する車が写りこむことが多いですが、この日のこの瞬間は車は一台も通りかかりませんでした。大型のトラックやバスが通ることも多く、機体に被るリスクがある場所なだけにいつもヒヤヒヤしながらの撮影になります。

アシアナ航空のエアバスA380@畑ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO400

アシアナ航空のエアバスA380の機体はいよいよ成田空港の敷地内に進入しました。飛行機が空港敷地内に入ると、照明塔のポールや吹き流しの旗など障害物がチョイチョイ手前に写りこみますが、機体が照明塔のポールとポールの間に丁度良くピタットはまったショット。

アシアナ航空のエアバスA380@畑ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO400

 際立つ大きさ!エアバスA380@アシアナ航空 

ランディング直前のアシアナ航空のエアバスA380を約200mmで。地上には3機のボーイング767。エアバスA380の大きさが際立ちます。ボーイング767の機体がすっぽり中に入ってしまいそう。。座席数は495席。ちなみにB767は250から270席。

アシアナ航空のエアバスA380@畑ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO400

最後の写真は、タイヤスモークが地味になってしまいましたが、タッチダウンの瞬間のアシアナ航空のエアバスA380。機体には綺麗に光が周った状態になっていますね。

アシアナ航空のエアバスA380@畑ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
この写真の撮影ポイント・・・畑ポイント

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください