アシアナのA380の離陸をさくらの丘から


 地味に成田の管制塔と 

やっぱ高い。アシアナのエアバスA380-841。成田市さくらの丘でRWY16R上がりを捉えたところ。左手前の木の頂上をギリギリ掠めて飛び出してきました。機体あと2機分くらい低いところからの飛び出しを期待していましたが、この飛行機にそれは酷。。

アシアナのエアバスA380の離陸をさくらの丘で捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

飛行機と成田の管制塔絡み。こういう風に木と木の間から少しだけ顔を除かせた成田の管制塔と、上空を掠める飛行機のショットも意外と面白い。さくらの丘から眺める風景にフェンスが邪魔なのは確かですが、この色は意識してこの色なのかしら。周囲の緑に溶け込ませようとする緑色。。

アシアナのエアバスA380の離陸をさくらの丘で捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 さくらの丘と成田の管制塔 

高いけど、成田の管制塔絡み3連発。アシアナのエアバスA380の場合、さくらの山でRWY34L上がりだと管制塔絡みはキツイ。ひこうきの丘でのRWY16R上がりもキツイ。管制塔絡みはさくらの丘狙いが正解かな。。

アシアナのエアバスA380の離陸をさくらの丘で捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

アップで狙いにいった、アシアナのエアバスA380。さくらの丘は引きでも、寄りでも離陸直後の飛行機を自由に撮影出来るのが良い。高い高いと言いながらも、アシアナのエアバスA380であれば、斜め45度下くらいからのベストアングルで飛行機撮影が出来る。

アシアナのエアバスA380の離陸をさくらの丘で捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 アシアナのジャンボ 

さくらの丘正面を過ぎ去るアシアナのエアバスA380。成田でエアバスA380と言えば、今はANAのフライングホヌフィーバーが凄い。ゴールデンウィーク前後は物凄かったですが、いつまで続くのかしら。

アシアナのエアバスA380の離陸をさくらの丘で捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。やっぱバカデカイ、エアバスA380の垂直尾翼。ソウル行きのこの飛行機はエアボーンが早いのは折り込み済み。アシアナのOZ101便、6月はジャンボアサインが多そうな。。アシアナのジャンボも撮れるうちにガンガン撮っておきたいところですね。。

アシアナのエアバスA380の離陸をさくらの丘で捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・三里塚さくらの丘
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください