薄闇の中から黒いボディが出現@浮島町公園


 スターフライヤーのエアバスA320 

薄闇の向こうに浮かぶ都心のビル群。その薄闇を切り裂くように羽田のRWY16Rから飛び出してきた黒い機体。スターフライヤーのエアバスA320。小柄な機体ですが、日本国内就航の機材では唯一機体上部を黒く塗装した機材は一際異彩な存在です。

浮島から1200mmで捉えたスターフライヤーのA320

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/500秒・ISO16000

首都圏では羽田でしか見られない、スターフライヤーのエアバスA320は九州方面へ向かうLCC。旅客機のカラーリングは白塗りが多いですが、大韓航空やKLMオランダ航空のように青塗りとかもチョイチョイいます。でも、黒塗りはチョッといない。ハイヤーみたいな。良いよね。

浮島から1200mmで捉えたスターフライヤーのA320

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/500秒・ISO16000

個人的にはゴールデンウィークに関空の連絡橋をバックに撮って以来、だいぶ久し振りのスターフライヤーのエアバスA320。暗闇でもツヤのある黒いボディは背景に埋もれることはありません。イルカっぽく見えるような気もします。。どうでしょ?

浮島から1200mmで捉えたスターフライヤーのA320

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/500秒・ISO16000

 浮島から1200mmで 

順調に高度を上げてきたスターフライヤーのエアバスA320。浮島の空港に一番近い側の端のあたりで撮ってます。これで1200mm。距離ありますね。浮島で出発機を撮る場合は、これくらいの焦点距離は欲しいところ。大砲レンズだと三脚が必須になります。

浮島から1200mmで捉えたスターフライヤーのA320

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/500秒・ISO12800

背景のビル群が写り込まない高度まで上昇。だいぶ大きく写ってきたスターフライヤーのエアバスA320。薄闇に溶け込まないでしょ。個人的にはもっとデカイ機材の黒いスターフライヤーが見たい。ジェットスターみたいに、たまには中型機とか。。

浮島から1200mmで捉えたスターフライヤーのA320

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/500秒・ISO12800

最後の写真。目一杯引き付けたスターフライヤーのエアバスA320。黒いボディに対極の白い垂直尾翼は最後まではっきり見えず。これが良いのにね。日本のLCC勢ではシルバーボディにオレンジスターのジェットスターと黒いボディに白い垂直尾翼のスターフライヤー。この2社の強烈なカラーリングは見ごたえ大です。出来れば、スターフライヤーも特別塗装機が欲しいところ。

浮島から1200mmで捉えたスターフライヤーのA320

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/500秒・ISO10000

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・川崎浮島町公園
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください